メインマシンとしても十分な“究極のSurface Book”

写真拡大

日本マイクロソフトは、13.5型ノートPC「Surface Book(サーフェス・ブック) パフォーマンス ベース搭載モデル」を2017年4月20日に発売した。

メモリー&ストレージ容量に応じて選べるラインアップ

外部GPU(グラフィック・プロセッサー)に「NVIDIA GeForce GTX 965M」(2GB)を採用。従来モデルと比べ約2倍の処理能力を実現したといい、3D CADや動画編集などのクリエイティブな作業をより快適に行える。

どこへでも持ち歩ける薄型・軽量設計のマグネシウム合金製ボディに、バックライト対応のフルサイズキーボード、5点マルチタッチのガラス製トラックパッドを装備する。最大16時間の動画再生が可能な大容量バッテリーを搭載する。

10点マルチタッチ対応の13.5型(3000×2000ドット)「PixelSense」ディスプレイは脱着可能で、タブレットとしても活用できる。1024段階の筆圧検知に対応した「Surface Pen」が付属する。ヒンジ部にどんな角度にもしっかり固定できる「Dynamic Fulcrum Hinge」を採用。OSは「Windows 10 Pro」(64bit)をプレインストールする。

価格は、CPU(プロセッサー)「Core i7」、メモリー8GB、内蔵ストレージ256GBモデルが28万5800円。メモリー16GB、内蔵ストレージ512GBモデルが33万800円。メモリー16GB、内蔵ストレージ1TBモデルが39万800円。CPU「Core i5」、外部GPU非搭載モデルは24万5800円(全て税別)。