これ全員ファミリー! 154人の大家族を持つ97歳の女性(出典:http://www.manchestereveningnews.co.uk)

写真拡大

イギリスで20番目の子供が9月に生まれる予定の“子だくさんラドフォード一家”は多くのメディアに取り上げられているが、今回はおそらくイギリスで一番の大家族であろう、97歳のおばあちゃんが英紙『Manchester Evening News』で伝えられた。

グレート・マンチェスター北東部ミドルトンのラングレーに暮らすマーガレット・ハワースさん(97歳)は、12人の子供と45人の孫、84人のひ孫、そして25人の玄孫を持つ「スーパーおばあちゃん」だ。

1919年、サルフォード病院の近くの自宅で生まれたマーガレットさんは、複数の製粉所や工場で仕事を経験し、1939年に今は亡き夫ロバートさんと結婚した。ロバートさんとの間に12人の子供をもうけたが、そのうち息子1人と娘2人を亡くした。50代〜70代になっている息子5人と娘4人の計9人の子供たちは健在で、彼らの子供が子供を生み、5世代にわたりマーガレットさんの血を引き継いでいる。一番上の孫は54歳、一番下は生後7か月で、孫、ひ孫、玄孫の数を合わせると154人にもなるという。

マーガレットさんは97歳という高齢でありながら、50年ほど前に引っ越してきたラングレーで元気にひとり暮らしをしている。幸いにも家族のほとんどがミドルトンかマンチェスター北部で生活しており、頻繁にマーガレットさんのもとを訪れるそうだ。

孫のひとりであるアマンダさんは「祖母はいつも元気いっぱいで、ダーツをしたりサッカー観戦が大好きなんです」と語っている。特に地元マンチェスター・ユナイテッドの熱狂的なファンであるため、マーガレットさんの自宅はマンUのチームカラーである「赤・黒・白」をメインにデコレーションが施されており、その自宅に5人の息子を呼んで試合観戦を楽しんでいるという。

また動物愛好家のマーガレットさんは、ペットにも元サッカー選手の名前をつけている。そのうちの1匹の猫は、元イングランドプロサッカーリーグに所属したデンマーク出身の選手の名から「シュマイケル」と名付けられている。

マーガレットさんは家族で集まることが大好きで、大勢の家族のことは誰ひとり漏らすことなくしっかりと記憶しているそうだ。アマンダさんは「6月には祖母の98歳の誕生日を、また家族みんなで集まってお祝いする予定です」と話している。

そんなマーガレットさんの元気な秘訣は、趣味もさることながら大勢の家族の愛情に支えられているからと言えるだろう。98歳の誕生日を迎えてからも、まだまだ長生きしてもらいたい。

出典:http://www.manchestereveningnews.co.uk
(TechinsightJapan編集部 エリス鈴子)