仕事中のBGMは作業効率を阻害することがついに科学的に立証されてしまった

写真拡大

 仕事中にBGMを流す人は多いでしょう。お気に入りの一曲を聞きながら作業をすれば、テンションが上がって効率よく仕事が進みそうな気がするものです。

 が、本当にそうでしょうか?誰もが当然のようにBGMの効果を信じていますが、科学的に証明された事実なのでしょうか?

 結論からいえば、現時点ではBGMの効果には否定的な結果しか出ていません。BGMで作業の効率が上がるどころか、逆に脳のパフォーマンスは落ちてしまうのです。

 具体的なデータを見てみましょう。まずは2007年に英グラスゴー・カレドニアン大学が行った実験です(1)。

 研究チームは、40人の被験者に対して以下の4パターンの環境で認知テストを受けさせました。

1.テンポの速い曲がBGMに流れている
2.ゆったりした曲がBGMに流れている
3.環境音がBGMに流れている
4.完全な無音

 その結果は明確でした。BGMを聞きながら認知テストを受けた被験者は、みんな点数が下がっていたのです。

◆どんな曲が最もダメだったのか

このとき、BGMの種類によってテストの結果には次のような違いが見られました。

・テンポの速い曲がもっとも脳のパフォーマンスを下げた
・環境音よりもゆったりした曲のほうが悪影響は大きい
・もっとも成績が良かったのは無音状態だった

 どうやら、BPMが速い曲を聞くほど脳の処理能力は下がっていくため、結局は無音状態が最強のようです。

 ただし、この実験では研究者が選んだBGMを使っているため、「自分が好きな曲を使えば効果があるんじゃないの?」といった疑問もわくでしょう。そこで、もうひとつ英ウェールズ大学が2010年に行った実験を見てみます(2)。

 このなかで、研究チームは被験者を3つのグループにわけました。

1.自分の好きな曲を聴く
2.自分の嫌いな曲を聴く
3.完全に無音

 そのうえで全員に認知テストを行ったところ、やはり結果は同じでした。もっとも成績が良かったのは無音状態で作業をしたグループで、BGMを聞いたグループは、どちらも成績が50%も下がってしまったのです。自分の好きな曲を流しても、作業には悪影響が出てしまうわけですね。

◆人の脳にBGMは負荷が大きすぎる

 こういった現象が起きるのは、そもそも人間の脳は、マルチタスクができない仕組みになっているからです。

 作業と関係がないBGMを聞くと、私たちの脳は音のほうにリソースを割いてしまい、結果として作業の効率は低下します。これは、専門的には「無関連音効果」と呼ばれる状態で、いろんなアプリを起動したせいでCPUの処理力が下がったようなもの。人間の脳にとって、BGMは負荷が重すぎるのです。

 最後に、ダメ押しで2011年に独ケムニッツ工科大学が発表したメタ分析も紹介しましょう(3)。これは、過去に行われた数100件のBGM研究から、信頼性の高いデータを選んで大きな結論を出したものです。

「過去の研究データをまとめると、BGMは文章を読むプロセスをさまたげ、記憶力も下げてしまうようだ。一方で、BGMは感情面やスポーツの能力には良い影響をもたらすだろう」

 BGMは知的な作業には悪影響しかもたらさず、気分を良くしたい時か、スポーツでテンションを上げたい時にしか効果を発揮しないようです。

 それでも作業中にBGMを流す人が多いのは、たんに音楽で気分が改善するからでしょう。音楽で気持ちが良くなった状態を、「作業効率が上がった!」と勘違いしているのです。

◆BGMは作業の前に聴くのが効果的

 BGM好きにはなんとも残念な結論ですが、まだあきらめてはいけません。実は、音楽のパワーを活かす道はまだ残されています。

 その方法とは、ズバリ「作業の10〜15分前に好きな音楽を聞いておく」というもの。先に取り上げたウェールズ大学の研究者によれば、あらかじめ好きな曲を聞くことで脳内にドーパミンが分泌されて集中力が高まります。その勢いを使って、一気に作業に取り組むわけです。