古橋1G2Aの岐阜が4戦負けなし! 我那覇2戦連発も讃岐はホーム初黒星…《J2》

写真拡大

▽明治安田生命J2リーグ第9節のカマタマーレ讃岐vsFC岐阜が23日にPikaraスタジアムで行われ、アウェイの岐阜が3-1で勝利した。

▽3試合ぶりの勝利を目指す19位讃岐と、前節湘南ベルマーレと引き分けるなど、3戦負けなしの14位岐阜が上位浮上を窺う一戦。

▽立ち上がりから両チームの現在の調子が色濃く出る形となる。積極的な前線からのプレスで讃岐をけん制する岐阜は、質の高いパスワークで相手ゴールに迫っていく。すると6分、左CKの流れから左サイドの庄司が精度の高いインスウィングのクロスをゴール前に入れると、混戦でGK清水が弾き出せなかったボールを古橋が押し込み、アウェイチームが早々に先制する。

▽勢い付く岐阜は、その後も鋭いショートカウンターから決定機を作り出すと、14分には難波のワンタッチパスを受けた古橋がボックス左で折り返した浮き球のボールを田中パウロ淳一がダイビングヘッドで無人のゴールへ流し込み、リードを2点に広げた。

▽前半のうちに追いつきたい讃岐は、シンプルな長いボールや守備から攻撃への切り替えから相手ゴールに迫っていく。38分にはボックス手前から仲間が枠の左を捉えた強烈なシュートを放つが、相手GKビクトルの好守に遭う。さらに、木島徹もロングレンジのシュートを狙って行くが、前半を2点ビハインドで終えた。

▽互いに選手交代なしで迎えた後半、前半から飛ばしていた岐阜の運動量低下に伴い、ホームの讃岐が押し返す入りとなる。だが、仲間や木島徹がフィニッシュに絡むものの、ゴールが遠い讃岐は、57分に木島徹、山本を下げて我那覇とユン・ソンホを同時投入。さらに、68分には西を下げて突貫ベテランドリブラーの木島良を投入した。

▽すると、この交代策が讃岐にゴールをもたらす。72分、高い位置でボールを奪い、ショートカウンターに転じた讃岐は、鋭い縦への仕掛けでGKを引き付けた木島良がボックス左ライン際でクロス。これを中央に走り込んだ我那覇がワンタッチで流し込み、2試合連続ゴールを記録した。

▽このゴールをキッカケに一進一退の攻防を見せ始めた試合は、後半終盤にかけてオープンな展開に。83分には岐阜のカウンターから田中に2点目のチャンスも、ボックス中央で鋭い反転から放ったシュートはGK清水の正面を突く。

▽その後、小野、山田、阿部を投入して逃げ切りを図る岐阜は、89分に相手ゴール前でルーズボールを奪い、ボックス右でパスを受けた古橋がゴール前でドフリーの山田にプレゼントパスを送ると、これが今季初ゴールとなる山田が冷静に流し込み、勝負あり。古橋の1ゴール2アシストの活躍でPikaraスタジアム初攻略の岐阜が、2試合ぶりの勝利で4戦負けなし。一方、我那覇2戦連発も今季ホーム初黒星の讃岐は、3戦未勝利となった。