楢は「あまりにいつもの感覚と、ポジショニングや配置とのズレがあった」と振り返った。(C)SOCCER DIGEST

写真拡大

[J2リーグ9節]名古屋0-2山口/4月22日/パロ瑞穂

「僕らはボールを持ってサッカーをしたい。でも、守備もしないといけない。そのあたりで人やポジションがこれまでと少し変わっていたので、それでもやれると思っていましたし、やれないかもしれないという準備もしながら試合には入りました。
 
 でも、あまりにいつもの感覚と、ポジショニングや配置とのズレがあった。守備的な選手が少ない中で、ゴール前ではもっと厳しく守らせなければいけなかったかなと思います」
 
 守護神・楢崎正剛の言葉が、端的にこの日の敗因を示してくれる。
 
 チームの誰もが不出来と認める前節・徳島戦の引き分けから巻き返しを図り、風間八宏監督はメンバーと布陣を変えて山口とのホームゲームに臨んでいた。しかし、その変化がもたらしたのは、前節以上に悪い試合結果だった。4-3-3へのシステム変更には良い部分もあったが、それ以上に直接の敗因の呼び水となってしまったことは否めない。
 
 最大の誤算は、4バック+3トップにしたことでの守備力低下だ。
 
 数字上では3-5-2よりも4-3-3の方がサイドにオリジナルポジションを取る選手が多いのだが、玉田圭司と押谷祐樹の両ウイングはそれほど自陣深くまでは戻ってこないため、サイドバックが数的不利になるケースが頻発。そのうえ、中盤のトップ下+2ボランチは中央に絞って守ることが多く、右サイドバックの杉森考起が相手のサイドハーフ、サイドバック、中央MFの3人を1人で相手するようなシーンすら見受けられた。
 
 キックオフからの攻勢は一転、守備に回った際の劣勢も目立つようになると、指揮官はわずか28分で守備に右往左往する杉森に見切りをつけ、和泉竜司にスイッチした。しかし、サイドバックひとりの問題ではなかったことは前述の通りだ。
 
 ボランチの八反田康平は「前線3人のギャップを使われた。誰が行くのかとか、前の選手を戻すかとか、試合中に修正していかないといけなかった」と悔やんだが、組織の不具合を解消しないままに選手だけを変えた応急処置が招いたのは、最悪の形での失点だった。
 34分、36分とわずか3分間で奪われたふたつの失点の形は酷似している。ピッチ内外から修正の利かなかったチームは先制点を奪って楽になろうと前がかりになり、追い越す動きばかりで連動性のないプレーの中でボールロスト。そこをカウンターに狙いを絞っていた山口に突かれ、「無抵抗のままに失点してしまった」(八反田)。
 
 自分たちのミスから始まる相手の攻撃を、まるで目で追っているかのような緩慢な守備には、楢崎も「簡単すぎましたけどね」とあきれ顔。「スライドや戻る場所、カバーリングの場所とか、そのあたりは少し難しいところがあったかなとは思いますけど、練習ではやっていたのだから、もう少しやれたのではないか」と、仲間たちに苦言を呈している。
 
 後半は八反田に代えて永井龍を投入し、慣れている3バックシステムに戻して巻き返したが、守ってカウンターに徹した山口の壁は堅く、無得点のままに試合終了の笛を聞くことになった。
 
 今季ここまで一定の成果を挙げてきた風間監督の用兵策も、この日は神通力を失ったかのようだった。立ち上がりの良さと、後半のプレーには見るべきものがあっただけに、前半をもっと上手くさばけていればという後悔の念は募る。
 
 2戦連続のフル出場となった玉田圭司は「まずは自分たちの力不足を一人ひとりが認識しないといけない。でも、ある程度やれれば互角以上に戦えるという自信も持たないといけない」と必死に前を向く。
 
 区切りの10節目を前に喫した6試合ぶりの敗戦は、名古屋に教訓よりもJ2の厳しさを教えるものとなった。
 
取材・文:今井雄一朗(フリーライター)