岐阜、田中パウロ淳一の決勝点で今季3勝目…讃岐は我那覇が反撃弾も及ばず

写真拡大

 2017明治安田生命J2リーグ第9節が23日に行われ、カマタマーレ讃岐とFC岐阜が対戦した。

 開始6分、岐阜はセットプレーのチャンスを得ると混戦から最後は古橋亨梧が押し込み、先制に成功する。岐阜はさらに14分、難波宏明、古橋とつなぎクロスに田中パウロ淳一が頭で合わせ、リードを2点に広げる。

 後半に入り68分、讃岐は西弘則に代えて木島良輔を投入する。すると72分、その木島良輔が相手のパスミスを奪いドリブルで持ち込むと、クロスに同じく途中出場の我那覇和樹が頭で合わせ、讃岐が1点を返す。しかし終了間際の89分、岐阜は難波の粘りから古橋のクロスに途中出場の山田晃平がネットを揺らし、決定的な3点目を奪う。

 試合は1−3で終了。岐阜は2試合ぶりの白星でリーグ戦4試合無敗とした。

 次節、讃岐はアウェイで松本山雅FCと、岐阜はホームでツエーゲン金沢と対戦する。

【スコア】
カマタマーレ讃岐 1−3 FC岐阜

【得点者】
0−1 6分 古橋亨梧(岐阜)
0−2 14分 田中パウロ淳一(岐阜)
1−2 72分 我那覇和樹(讃岐)
1−3 89分 山田晃平(岐阜)