ZE:A シワン、ソル・ギョングの“腕の筋肉”に憧れ…「本当に羨ましい」

写真拡大

ZE:Aのシワンがソル・ギョングの腕の筋肉に対する羨望を告白した。

韓国で22日に放送されたKBS 2TV「芸能街中継」では、映画「不汗党」の主演ZE:Aのシワンとソル・ギョングとのインタビューが行われた。

この日シワンは、カンヌ国際映画祭への招待について「『太陽を抱く月』を初めて撮った時、(視聴率) 40%という概念を知らなかったし、『弁護人』の時も(観客動員数) 1000万の意味がよく分からなかったように、今もカンヌの招待作品の意味はよく分からないが、この作品が私にとってどんな記念碑的な役割を果たすことができるのか期待している」と感想を述べた。

これに、ソル・ギョングは「監督がシワンのために、本当に苦労した。夜明けにも電話したりして」と、シワンの情熱を証言した。

シワンは「序盤だったので、この監督を信じていいのかと思っていた。初対面の時、監督の衣装を見て不思議だった。スタイルが独特だ。撮っているうちに信頼ができた」と話した。

また、ソル・ギョングについては「本当に羨ましいと思った姿は、タイトな腕の筋肉だ」と答え、注目を集めた。

これを聞いたソル・ギョングは「どれだけ羨ましいことがなければ、腕の筋肉と言うの。これからはビジュアル俳優に生まれ変わることにした。腕の筋肉と胸の谷間で」と言って笑いを誘った。