トヨタの世界戦略SUVとしてデビューしたばかりのC‐HR。 早くも多くのバックオーダーを抱えるほどの大ヒットとなり、 今後ドレスアップに挑戦するオーナーも増えると思われる。 C‐HRは、ドレスアップのベースに相応しい一台なのだろうか? 今から購入を検討している人に向け、あらゆる視点からチェック!

パート1:LIGHTING 「流れるウインカーが欲しいならG!」

G&G-Tだけに用意された、メーカーオプションのLEDヘッドランプ。しかもウインカーは光が外側に向かって流れるシーケンシャル式。このライト、S&S-Tに移植できないのか?

LED加工を得意とする球屋の森田さんに聞くと、「ライト単体だけで約30万円もかかる(1月現在)」とのこと。GとSの価格差は約25万円ですが、他の装備の充実度を考えるとG系がオススメです。

LEDヘッドランプを選択すると、必然的にテールランプもLEDとなる。ただリアのウインカーは流れない。社外品の登場に期待。

純正OPでもナンバー灯だけはハロゲン。ここもLED化したいところ。バルブ形状はオーソドックスなT10なので、社外品で対応できるぞ。

結論:流れるウインカーの後付けはかなり大変!! 欲しい人は必ずG or G-Tを!!

(ドレナビ編集部)

C-HRはガチでイジれるクルマか!? ヒカリモノCHECK篇(http://clicccar.com/2017/04/23/462002/)