【ドラゴン】知っておきたい「ドラゴン」なクルマ! ド迫力とインパクトに負けない最強の5選

写真拡大

【ギャラリー】Artis '59 Chevrolet Impala Metal Dragon17


今日はドラゴンの日!ということでAutoblogでもドラゴンにまつわるネタを集めてみた。ドラゴンはやはり怖そうだったり強そうだったり...!架空の生物でも人が抱いてるドラゴンの印象は雄々しいものばかりだろう。
ドラゴンなクルマ その1

【東京オートサロン2012】特殊な塗装で工芸品のように仕上げられた「シボレー・インパラ」!

【ギャラリー】Artis '59 Chevrolet Impala Metal Dragon17



こちらはオートサロン2012年で取材されたもの。
鱗を纏ったような全身像から「メタル・ドラゴン」と名付けられた'59 インパラ。来場者の投票によって選ばれる「東京国際カスタムカー・コンテスト2012」では、インポートカー部門優秀賞を獲得したとのこと。強すぎる。

ドラゴンなクルマ その2

【ビデオ】1台のお値段は6億4500万円! 放射能にも耐える超高級自家用装甲車!!

【ギャラリー】Dartz Prombron Black Dragon5



こちらも2012年の記事。当時ラグジュアリー(!?)な装甲車を扱うダーツが、価格5000万人民元(約6億4500万円)という12台限定モデルの「ブラック・ドラゴン」を中国で発表したときのものだ。とにかく派手。

ドラゴンなクルマ その3

ブルガリアの有名カスタムショップが手がけた超豪華内装の「GT-R」

【ギャラリー】Vilner Nissan GT-R Photos15



こちらも2012年の記事。ヴィルナーという会社が中国の富豪からの注文で手掛けた日産「GT-R」を紹介したときの記事だ。ドアパネルやシート周りには龍の"うろこ"をかたどったキルティングが施され、ルーフとトランクの内張りには精巧な刺繍で描かれた巨大な龍が舞っている。詳細はギャラリーで。

ドラゴンなクルマ その4

【ギャラリー】DragStar F1 Dragon5



こちらは2011年に取材した東京オートサロンでひときわ目を引いたクルマ。真っ赤なボディにフェラーリ・テスタロッサも真っ青?!になるようなボディサイドデザインをまとったドラッグスターF1「ドラゴン」である。派手だしめっちゃかっこいい!

ドラゴンなクルマ...ではなく峠道 その5

【字幕付きビデオ】米屈指の難所「テール・オブ・ザ・ドラゴン」を走る!

【ギャラリー】The List #0011: Drive the Tail of the Dragon Photos10



アメリカ国道129号線のテネシー州とノースカロライナ州をまたぐテール・オブ・ザ・ドラゴンと呼ばれる11マイル(17.7km)の峠道。険しいカーブの続く米国有数の難所。Autoblog企画では、過去にここをドライブする映像を作っている。ぜひ楽しんでいただきたい。

以上。
ドラゴンにまつわるネタを集めてみた。さて、心にのこるドラゴンなクルマはみなさまにあっただろうか?それと、今回は光岡オロチは大蛇なので悩んだ末選ばなかった。またの機会に!

それでは良い休日を!