ゴルフを愛する者の憧れ、アイルランド「ラヒンチ・ゴルフ・クラブ」

写真拡大

『アイルランドのセント・アンドリュース』とも称されるラヒンチ・ゴルフ・クラブ。自然の地形を生かしたゴルフコースは、各世代を代表する名匠の手で改修を重ねられている。

数々のゴルフコースでプレイしてきた筆者が、歴史あるアイルランドでもベストコースとの呼び声高いラヒンチの魅力を語る。

アイルランドのリンクスの魅力は語り尽くせない。その珠玉のひとつが、日本ではあまり知られていないラヒンチ・ゴルフ・クラブであろう。世界で「ラヒンチがいいよね」と言うゴルファーに出会うと、本物を知っているなと尊敬の度合いがぐっと上がってくる。マニア同士の酔狂と理解しつつ、リンクスを愛する同好の士として涙が出てくるものである。

我々がアイルランド西部のシャノン空港に降り立ち、「やっぱりレンタカーはレンジローバーだろう」とアップグレードをして、最初に寄ったのがここ、ラヒンチだった。夜の10時過ぎのアイルランドはまだまだ明るい夕方という感じだが、飲食店は軒並み閉店していた。唯一営業していた中華料理屋に入り、温かいスープなどで暖をとりながら、明日以降の大チャレンジに胸を躍らせた。

世界トップ10にも入ろうかという高い評価を得ているラヒンチは、1892年創立である。リメリック・ゴルフ・クラブの創設者でもあるアレキサンダー・ショウとリチャード・プラマーが、リスカナーロードと呼ばれる道路の両側に9つのホールをつくったことが始まりだ。

今までにトム・モリス・シニア、アリスター・マッケンジー、マーティン・ホーツリーの3人が改修に関わっている。まず1894年に、モリス・シニアが陸側にあったホールの一部を海側へ移した。現存している4番パー5・通称「Klondyke」と、5番パー3・通称「Dell」は、珠玉の名ホールである。

1927年には、マッケンジーが新しいレイアウトと三段グリーンを導入。彼は後にアメリカへ渡り、オーガスタ・ナショナル・ゴルフクラブやサイプレス・ポイント・クラブ、ロイヤル・メルボルン・ゴルフクラブなど数々の名作をつくり上げている。それらに先んじて手がけたラヒンチの格も上がろうというものだ。

さらに99年、ホーツリーはラヒンチの近代化を目指し、4つのホールをリルートした。166ヤード・パー3の8番、170ヤード・パー3の11番ホールの2つにもうひとつパー3を付け加え、現在のラヒンチの形を整えた。

ご多分にもれず、ラヒンチはオールド・コースとキャッスル・コースの2つからなる。パー4はどれも大変難しく、一流のプレイヤーでも手を焼く。アイルランドのベストコースの名にふさわしい。

翌朝、我々は早速胸を躍らせながら、この名門ラヒンチのティーグラウンドに立った。同伴のメンバーは、現地に別荘を持つパトリックである。彼はアイルランド人だが、ラヒンチに恋をして、週末用の家をコースのそばに購入したとのことである。コースを回りながら家を指して、すぐ近くだという意味で「just a pitching distance.(ピッチングで届くくらいだよ)」とウインクしてくれた。

コースの前半は海を左に見ながらやや山沿い方向にスタートしている。やはり最初の感動は砂丘越えの4番であろう。グリーンはまったく見えないブラインドホールだ。

多くのプレイヤーが途中の砂丘に打ち込むため、頂上にフォアキャディがいて、ボールの行方を見てくれている。まるでハリー・ポッターの映画に出てくる魔法学校の先生のように愛嬌いっぱいのフォアキャディだ。彼が、先にいるプレイヤーがホールアウトしたことを知らせる鐘を鳴らしてくれて初めて、ショットが打てる。さらにナイスショットをすると「good one」と褒めてくれるのはうれしいことである。