日本に祝福を寄せたジェイソン・ブラウン【写真:Getty Images】

写真拡大

米国の15年全米王者、ツイッター日本語で更新「1位おめでとう日本!」

 フィギュアスケートの世界国別対抗戦(代々木第一体育館)は22日、日本が3大会ぶり2度目の優勝を飾った。最終種目の女子シングルのフリーでは、三原舞依(神戸ポートアイランドク)が2位、樋口新葉(日本橋女学館高)が3位と健闘。チーム合計109点で、105点の2位ロシア、97点の3位アメリカを抑え、頂点に輝いた。

 アメリカにとっては3連覇を逃す形となったが、男子シングルの15年全米王者、ジェイソン・ブラウンが日本語で「1位おめでとうチーム日本!」と祝福を寄せた。

 親日家として知られる22歳は、ツイッターに日本語で投稿。上位3位に入った3か国の出場選手との集合写真とともに「チームUSAは、3位!1位おめでとうチーム日本!2位おめでとうチームロシア!」と祝福した。さらに3日間、客席から声援を送ってくれたファンへ向け「おうえんをありがとうございます!」と感謝を述べた。

 ブラウンは20日のSPで自己ベストを更新する94.32点で5位、21日のフリーも179.35点で6位と健闘。3連覇を狙ったチームに貢献し、今季最後の公式戦となったSP後には「この2つのプログラムは、これでおしまい。とっても悲し〜い!でも、今年のプログラム最後の演技が日本で滑れて良かった!!!」とつづり、日本のファンの心を打っていた。

リンク内外で笑顔を与えた米国人にファンも感謝「また日本に来て」

 フリーから一夜明けた22日の午前中には、病気の子どもとその家族のための滞在施設「ドナルド・マクドナルド・ハウス」を訪問。SP前に「氷上に投げ込まれたヌイグルミは、東京のドナルド マクドナルド ハウスに寄付します」と明かしていた通りに訪れ、子どもたちと触れ合う様子を動画付きで投稿した。

「今朝、東京のドナルド マクドナルド ハウスへ行ったよ!!心温まるみんなからの寄付とご協力ありがとうございました!!」とファンからの想いに応えた。

 日本のファンからは「日本に来てくれてありがとう」「また日本に来てください」「感動した」など、日本語で感謝の言葉が書き込まれていた。

 今日23日のエキシビジョンで今大会の全日程が終了。母国に戻ることになるが、福祉活動も含めリンクの内外で日本に笑顔を与えてくれた心優しいアメリカ人には、これからも大きな声援が送られることだろう。