【ボクシング】王者タパレス計量失敗で王座剥奪 WBO世界戦

写真拡大

 23日にエディオンアリーナ大阪で行われる「ボクシング・ダブル世界タイトルマッチ」の調印式と計量が22日、大阪市浪速区のホテルで行われた。

 ダブル世界戦ではWBA世界フライ級とWBO世界バンタム級タイトルマッチが行われる。その計量で、WBOバンタム級世界ランキング6位の大森将平(ウォズボクシングジム)が挑戦する王者マーロン・タパレス(フィリピン)が、計量をパスできず王座を剥奪される事態となった。

 王者が計量で失格になるハプニングが起きたが、試合は決行される。WBOルールでは、挑戦者の大森が勝てば大森が新王者となり、引き分けもしくはタパレスが勝った場合は空位のままとなる。

■王座剥奪までの経緯

 通常、ボクシング世界戦の前には調印式が行われる。そこで、契約書へのサインやグローブチェックなどがあり、その後に計量が行われる。

 しかし、調印式の直前に行った予備計量において、タパレスの体重が550グラム超過していることが明らかになった。そのため、王者は調印式を欠席、体重調整を行うことを選んだ。

 しかし、13時の計量ではなぜか体重が増えリミット(53.5キロ)を800グラム超過する54.3キロに。2時間の猶予が与えられたものの、それでも体重が減るどころかさらに100グラム増えた54.4キロに。

 結局、この時点でギブアップ。タパレスは初防衛戦を行う前に王座を剥奪される異常事態となった。国内ジム所属選手が出場する世界戦で、王者が計量に失敗。王座を剥奪されるのは今回で7例目となる。

 なお、WBA世界フライ級タイトルマッチを行う井岡一翔(井岡ジム)とノクノイ・シットプラサート(タイ)、大森はそれぞれのリミット内で一発通過した。

■各選手の反応は?

 計量をパスできず王座を剥奪されたタパレスは、計量終了後涙を浮かべて「オオモリに申し訳ないことをした」と謝罪した。

 一方、大森は昨年末のIBF世界バンタム級が王者の負傷により消滅したばかり。また、2年前に2回TKO負けを喫した相手との再戦だったということもあり、「怒りと残念な気持ちがある。王者として、プロとして成功させてほしかった」と語った。

 これにはWBA世界フライ級で14度目の防衛に挑む井岡も、「計量失格はプロとしてダメ。ましてや世界王者だから」とあきれ顔だった。