犬は「うれしさ」と「悲しさ」の感情がはっきり出る動物。

里親に引き取られる前と後の、印象的な表情をご覧ください。

 

Before and after adoption


「悲しい・寂しい」から「うれしい・楽しい」へ。

保護施設で出会ったときと、里親さんに引き取られた後のビフォー&アフター。

これほど素直に喜ばれると、グッとくるものがありますね。

海外掲示板のコメントをご紹介します。

●おお、とてもスイートな話だ。よくやった!

●おかげで人生に対しての気分がよくなる。こういうのがもっと欲しい。

●あなたはいい人間。犬人生の全てだ。

●子犬のジャックポット(大当たり)だな。

●全く同じ投稿をよく見る気はする。

↑見たことないよ。

●自分の脳内計算だと、このかわいそうな犬はすでに176回くらい引き取られている。

↑同じ人が動物シェルターへ戻したり引き取ったりしてるとか?

●いいものは何度見たって幸せな気持ちになれる。

●うちの犬も全く同じだった。ガラス越しに舐めようして、舐められないことに気づいて、この写真のように座った。とてもしょんぼりしたまま。その1週間後に犬を連れて帰ったよ。
ハスキーは欲しい犬ではなく、何度もハスキーはいらないと言ったが、結局はハスキーを連れて帰ったんだ。

↑写真は?

↑どうぞ。
[画像を見る]

●顔が全てを物語っているね。


何度も紹介されている写真だそうです。

それだけ印象の強い表情ということですね。

【「犬は悲しいときと楽しいときで、こんなに表情が変わるんだ…」ビフォー&アフター写真】を全て見る