【コラム】小野伸二、6年ぶりの埼スタ“凱旋”で感じた浦和への感謝と羨望

写真拡大

 さりげなく発した短い言葉に、小野伸二の熱い思いが込められていた。

「ここには絶対に来たいと思っていたので」

 こことは、かつて主役として躍動した浦和レッズのホーム・埼玉スタジアム。北海道コンサドーレ札幌の「44番」を背負い、79分から途中出場した22日の明治安田生命J1リーグ第8日。希代の天才と謳われる37歳が、清水エスパルス時代の2011年6月18日以来となる“凱旋”を果たした。

 札幌が5シーズンぶりとなるJ1昇格を果たした今シーズン。日程が発表された1月下旬の段階から、「4月22日」を強く意識していたのだろう。

 雪の積もる札幌を離れ、開幕へ向けて1月中旬から沖縄・金武町で行っていた長期キャンプで、小野は常に別メニュー調整を強いられた。グラウンドの周囲をゆっくり歩く日もあれば、隣接した施設でバイクをこぐ日も、宿泊先のホテルのプールで歩くだけの日もあった。

 原因は昨シーズンから悩まされているグローインペイン症候群。股関節周辺に発生する疲労性の痛みがなかなか治まらない状況に、四方田修平監督も慎重な言葉に終始していた。

「個人差があるので、骨折などと違って全治何カ月とは言えない。無理をすればできるけど、ちょっとプレーしてはまた痛みが大きくなる、という状態を繰り返すよりは、根本的に痛みを取り除きたい。いまは焦らずという感じで、見通しも立てていません」

 2月25日に開幕したJ1でも4戦連続でベンチ外が続いた。しかし、“凱旋”にかける思いが回復を早めたのか。今月2日のヴァンフォーレ甲府との第5節の81分から1709日ぶりにJ1のピッチへ帰還すると、同16日の川崎フロンターレとの前節でも途中出場。浦和戦でもベンチ入りを勝ち取った。

「もう少し長くピッチに立てれば本当に良かったんですけど、チームの戦術というものもあるので。ここに来る前は拍手かブーイングかどっちかな、という感じで思っていたけど、たくさんの方が拍手してくれたのですごく嬉しかったですね」

 キックオフ前の選手紹介。リザーブとして「小野伸二」の名前が読み上げられた瞬間、スタジアムは割れんばかりの拍手に包まれた。2人目の交代選手としてスタンバイした時も然り。一転してピッチに足を踏み入れると、赤く染まった浦和サイドのゴール裏から大きなブーイングを浴びせられた。

 もっとも、敵意や悪意が込められたブーイングではないと感じていたのだろう。試合後の取材エリアで、小野は「嬉しい限りです」と声を弾ませた。

「気持ち的には『あっ、ブーイングだ』と思いながらピッチに入っていきましたけど、それは当たり前のことなので」

 状況は浦和が3‐1とリードしていた。4連勝での首位キープを阻む、危険なジョーカーだととらえられたからこそブーイングの対象となった。迎えた86分。小野の代名詞でもある、絹のように柔らかいパスでチャンスを演出する。

 右サイドで相手に囲まれながら、左足で中央のスペースへ緩やかなパスを送る。MF菅大輝が全力で走り込んでくる軌跡と、鮮やかに一致する状況に危機感を覚えたのか。思わずファウルで止めたDF森脇良太に警告が与えられた。

 ゴールまでの距離は約25メートル。ボールの背後にDF福森晃斗とともに立ち、一度、二度と蹴るしぐさをする。15秒のほどの沈黙の後、福森の左足から放たれた低く速い弾道は、日本代表GK西川周作の左手をかすめてゴールの右隅に吸い込まれた。

「自分で蹴りたかったんですけど、あの距離であのコースだとフク(福森)の左足で蹴った方がいい。ウチでキックの質が一番良いし、(ゴールの)可能性も高い。いちおう自分が蹴るぞ、という雰囲気は出しておいて、後は信頼関係でフクに任せようと」