Doctors Me(ドクターズミー)- 痔になる原因は食生活! 改善するための食生活と生活習慣とは?

写真拡大

痔になりがちな食生活と改善するための食生活について、および痔と癌の危険な関係性についての情報を織り交ぜた、生活習慣が乱れている方に有益な情報をまとめた内容になっています。

要チェック項目


□痔は肛門付近にうっ血ができる状態
□便秘が痔になる原因となる
□食生活を改善することで痔は改善できる

様々な痔と症状について

いぼ痔


肉主体の食生活などを送ることにより便秘になり、固い便がでることから肛門付近に負担がかかり、肛門内側の静脈に血液がたまるうっ血ができる状態のことをいぼ痔と言います。

いぼ痔に痛みはあまりなく、排便時にたくさんの血が流れ、排便時に違和感などが発生します。様々な痔の中でも最も一般的なものと思われます。

切れ痔


切れ痔もいぼ痔と同様に便秘などの影響で固い便がでることから起こるもので、肛門の付近が切れた状態のことを表します。ダイエットや不規則な生活習慣や食生活の影響で発生しやすく、排便時に激しい痛みを伴います。

痛みを避けるために排便を避けることから、さらなる便秘が起こり切れ痔が悪化する悪循環が引き起こされる危険があります。

痔になる様々な原因

水分を取らないことから便が固くなる


人間は1日に2.5リットルの水を摂取しなければいけません。朝ご飯を抜く、仕事中での水分補給を行わないという方は1日に摂取しなければいけない水分量が足りずに、便秘がちになることから痔になるリスクを底上げします。

アルコールや塩分などを摂取した場合、それらを分解するためには大量の水分が必要になります。

さらにアルコールには利用作用があり、体内から水分がたくさん排出されてしまうことから、よりたくさんの水分を補給しなければいけません。

正しい食生活にきちんとした水分の摂取を行わなければ、便秘になり、痔になる原因につながります。

偏った食生活は腸の健康と便の状態を悪くする


お肉や脂っこいものは腸内環境を乱す悪玉菌がたくさん増える原因になる上、乱れた食生活から摂取した無駄な栄養は体内から排出するために多量の水分を要します。

このことから水分不足と腸の活動の低下に伴う便秘が起こり痔になりやすくなります。

腸内環境の悪化が固い便を出すときにおこる静脈の異常を後押しする危険性があるので、きちんとした食生活を心がけることが必要です。

痔を改善するための食生活

アロエヨーグルト


アロエは胃腸の働きを良くし、昔は下剤として活用されていました。加えてヨーグルトの乳酸菌は腸内の善玉菌を増やし、便秘解消にとても効果的です。

バナナ


バナナは食物繊維がたくさん含まれていて、様々な栄養素があることから健康と便秘解消にいいフルーツとして有名です。

緑黄色野菜


緑黄色野菜にはビタミンが豊富に含まれていて、血液を健康にさせる作用があり、加えて便通を良くする働きがあることから、

寝る前の晩御飯には緑黄色野菜をたっぷり取り入れたサラダなどを取り入れることで朝の便秘を解消することができます。

わかめ


わかめには食物繊維がたくさん含まれていることから、朝食のお味噌汁に入れて食べることで、固い便を柔らかくしてくれる効果があります。

便秘になりやすい体質の方は、積極的にわかめを食事にとりいれることにより、便の固さを緩和することが可能です。

朝の便秘を解消する健康的な朝の過ごし方


寝ている間に心や内臓を休ませるための自律神経の副交感神経から、起きて活動するための交感神経への仕事の切り替えがうまくできなければ、朝起きたときに内臓が活発に動きません。

そのため朝から入浴をすることにより、自律神経を切り替え、おなかを温めることで腸内環境を整えつつ、バナナやアロエヨーグルトを取ることで、朝の便秘にいい影響を与えます。

痔を改善するための生活習慣

活性酸素は腸内環境を乱す


タバコ、アルコールやストレスは活性酸素を発生させる原因となり、活性酸素は腸内環境を見出す原因につながります。

そのため毎晩、寝る前にお酒とアルコールを毎日摂取している方は、交感神経と副交感神経の効率のいいお仕事を妨げたうえに、腸内環境を乱してしまうことから痔になる可能性が飛躍的に高くなります。

これらを回避するために、適度な運動ときちんとした食生活を心がけるようにしてください。

食生活が引き起こす様々な危険性

痔ではなく癌の危険性について


いぼ痔などによる排便時の出血と、腸の癌による出血は一見わかりにくく、痔は癌を見落とす危険性が高く危険です。

これを回避するためにも、偏った食生活を送られている方や、下痢が続く方、血の塊が見られる方は一度病院で診察をしてもらう必要があります。

痔は便秘により引き起こされるものであり、腸閉塞などの危険性がある


便が腸にたまり続けることから、便が腸からでなくなり腸閉塞を起こす危険性があります。

痔に良くなる方は、便秘から引き起こされる様々な病気になる可能性が高いと考えられることから、まったく便が出ないかた、血便が多い方は病院での診察を必ず行う必要があります。

食生活を改善することにより痔は改善されていく

固い便を排泄するときにおこる静脈の異常が痔の原因につながることから、

食物繊維と善玉菌を取り入れた規則正しい食生活と生活習慣を心がけることが大切です。

(監修:Doctors Me 医師)