寺社文化を学ぶ入口に

写真拡大

宿坊開発や運営を行う和空プロジェクト(大阪市北区)は、宿坊「和空 下寺町」を大阪市下寺町に2017年4月23日にオープンする。

精進料理、写仏、朝のお勤め

南北1400メートル、東西400メートルに約80の寺院が連なる町。神社仏閣の参拝者のための宿泊施設である宿坊は、国内外から注目される一方で敷居が高いイメージもあったという。

しかし、利用者からはリフレッシュできた、リピートしたいという声が多く、まずは気軽に寺社文化に触れられる文化体験施設を作ることとなった。

和洋室タイプの客室と作務衣の館内着、アメニティが備えられているため、普段の旅行と同じく快適に過ごすことができる。食事は仏教の戒律に基づいた「精進料理」のみ。生命を受け取る食事も大切な修業の一環だという。

52畳の「大広間」では、修行をはじめとした様々な文化を学ぶことができる。

また、縁結びで信仰される愛染明王をピンクの筆ペンでなぞり描きする「プチ写仏プログラム」や、周辺の寺で行われる「朝のお勤め」へ参加すれば、疲れ気味の心が癒されるひと時を過ごせるという。