働き女子はいつだって優しい癒しを求めている。だから、甘めでゆるめなラブストーリーをCandy BoyとSuits WOMANがプレゼンツ。今回の主人公は仕事に恋に疲れたアラサー、香澄。

厄年真っただ中と言える不運が重なっていたアラサーOLの私、湯本香澄が再就職したのは、女の子なら大好きな甘いお菓子のようなコスメを扱うECショップ「ガトーシュクレ」。「ガトーシュクレ」のブログに名前が登場していた“ちはるさん”と呼ばれている社長を、女性だと思っていたら、なんと若干22歳の大学生の社長、奥村千晴(ちはる)君だった!<エピソード1はこちら> 

大学生だけれど、スーツ姿は仕事ができる社長!

地を這っていた仕事運は「ガトーシュクレ」で働くようになってからはプロジェクトリーダーに選ばれたり、奈落の底だった恋愛運はカリスマシューフィッターの川上さんから素敵なヒールの靴をプレゼントされたり、これまでの不幸のスパイラルが嘘のように、恋に?仕事に絶好調。これってもしかしてアラサーの私にやってきたモテキ?<エピソード2はこちら>

センス抜群の癒し系カリスマシューフィッター。

千晴社長に勧められて来場した日本酒フェアで出会ったのが、酒蔵「パ・ド・ドゥ」の、14代目社長の杉本南さん。大人の色気溢れる着物姿で、エスコートしてくれる紳士的な振る舞いに思わずうっとり。会員制バーでの試飲中に飲みすぎてしまい、倒れてしまった私を介抱してくれた南さん。このドキドキは酔っているせい?<エピソード3はこちら>

大人の落ち着きと色気がある、着物が似合うやり手社長。

千晴社長が日ごろの私の仕事の頑張りを評価してくれて、「何か美味しいものでも食べませんか?」と誘ってきてくれた。「実はお願いしたい事があるんです」という千春社長。いったい何の話だろう?

美味しいと噂のソバ屋さんは、なんと杉本さんがオーナーの日本酒バーの店だった。えっ?もしかして、この前お店の中から聞いた、覚えのある声は千晴社長だったの??2人はどういう関係?

南さんがいた時とお店の雰囲気は違って、ランチタイムはカウンターが全席埋まって、活気のある店内だった。カウンターの中の人が「あ、千晴社長!デートですか?ここに女性を連れてくるなんて初めてですね」と話しかけていた。(えっ?千晴社長はモテそうなのに女性と来たことがないなんて)

「大事な店だから、香澄さんみたいな素敵な女性と一緒に来てみたかったんです」

仕事で先輩だから気を使ってくれているのかしら?それとも千晴社長の本心って?思わず、薬味を入れすぎてむせてしまったら、千春社長が背中をさすってくれた。

「香澄さんのそういう子供っぽいところも、可愛いですよね」

どうしよう。私の方が大人なのに。千晴社長の顔がこんなにも近づいてきたら、胸が変な鼓動を打ち出してしまう。

「実はお願いがあって、お誘いしたんです。今度、若い実業家たちが集まるパーティーがあるんです。海外の文化では素敵な女性をエスコートしてパーティーに参加することで、一人前と言われているんです。香澄さんなら、普段から靴を揃えて置いたり、箸の持ち方もスマートだし、マナーもできているのでぴったりだなと思って……僕と一緒に行ってもらえませんか?」

靴の置き方、箸の持ち方……そんなところまで千晴社長は見ていたの? 

「最初の頃、発注ミスで起きたバーコードに、修正テープを一人で貼るって言っていましたよね。あの時、普通なら途中から気を抜いてしまいがちですが、香澄さんはすべて丁寧にずれないように貼っていましたよね。その商品を大切にする姿勢を見て、仕事が任せられる、信頼できる人だと思ったんです」

千晴社長のおかげでどんどん運気が上向いてきた? でも、何やら怪しい嫌がらせが……?

前の会社では、リストラ候補だった私がここまで頑張れるようになったのは、やる気を起こしてくれた千晴社長のおかげかもしれないのに。パーティーの同伴なんて、人生初の出来事だわ。どうしよう……何を着ていけばよいのかな?……そうだ!川上さんのお店へ行ってみよう。

「ボンジュール。美しい人」

えっ。私が綺麗ってこと?

「香澄さんは、最初に出会った頃よりも、生き生きしてきていますね」

「それは!こうして川上さんのお店に通うようになって、アドバイスをして頂いているからです」

「素敵な靴には魂が宿ると言われています。香澄さんが履いている靴は、いつもピカピカになっているので、靴も喜んでいますよ」

少し前までは、失恋をしたり、仕事を辞めたりどん底で、靴を磨くなんて精神的な余裕がなかった。でも、千晴社長や川上さんと過ごすようになって、「綺麗になりたい」っていう気持ちが芽生えてきたのかもしれない。これってもしかしたら恋なの……?私、2人のことが気になっているの?

大学生だけど仕事ができて、かっこいい千晴社長。癒し系のシューフィッターの川上さん。2人のことが気になってしまう……。

いつものように、川上さんがファッションのコーディネートについてアドバイスをしてくれた。

「香澄さんといると、時間を忘れてしまいますね」

そう言って、残業で遅くなった時もお店を開けていてくれる川上さん。これって、靴に対する情熱が人一倍強いだけだよね??靴を見つめている川上さんの真剣な眼差し。仕事に生きている男性ってかっこいいな。

「お仕事でパーティーに同行するのですね。だったらこれを履いてみてください」

素敵なビジューがついたアンティークのパンプス。

「これをお借りして、いいのですか?」

「ええ。靴も喜ぶと思います」

にっこりとした子犬のような笑顔の川上さん。靴を選ぶ真剣な視線との落差で、どちらが本当の川上さんなのだろうって、ギャップにドキドキしてしまった。

パーティーで履く前に、靴に慣れるために履いて出社した。どうやら、明け方まで作業をしていて、パソコンを開いたままで寝てしまっている千晴社長。この寝顔、まるで少年のようで可愛くて癒されてしまう。でも本当は敏腕社長なのに。

残業で寝てしまっている千晴社長。どんな夢を見ているのかな?

なにやら机の上に置かれている書類に私の名前が見えるのだけれど……。えっ!なにこれ。千晴社長の机の上に置いてある書類に、「湯本香澄はガトーシュクレを乗っ取ろうとしている」「千晴社長に近づいているのは財産目当て」って書いてあるけど。誰かの嫌がらせ??

「あっ、香澄さん!うっかり眠っているところを見られちゃいましたね」と、目を覚まして恥ずかしそうに笑う千晴社長。ささっと嫌がらせの書類を隠して、何事もなかったようにふるまっている。そうだよね、何かの勘違いだよね……私は見なかったことにした。

「パワポで資料を作りました。ご確認お願いします」と手渡すと、千晴社長は書類に目を通して「いいですね、香澄さんの作る資料はわかりやすくて、見ていてワクワクします」と褒めてくれた。睡眠時間が少ないのに、仕事になると一気にキリっとした表情になる。本当にこの仕事が好きみたい。

パワポは苦手だったけれど、本を見ながら頑張って作ってよかった。丁寧に仕事をしていたら、きちんと評価して貰えた。千晴社長で良かったな。あれ、遠くの方から、なんだか視線を感じるけれど。まさか……里美さん!? 

そしていよいよ千晴社長と2人でパーティーへ、待っていたのはカリスマシューフィッターと、イケメン着物男子だった!? 後編につづく。