「ママは日本へ嫁に行っちゃダメと言うけれど。」のポスター(左)と書影 (C)"Mamadame" production committee

写真拡大

 Facebookで出会って国際結婚した日本男子と台湾女子の実話を描く「ママは日本へ嫁に行っちゃダメと言うけれど。」の予告編と、ダブル主演する中野裕太と台湾の人気女優ジエン・マンシューが、原作本の書影を再現したポスター画像が公開された。

 映画は、台湾に暮らす“リンちゃん”と日本人男性“モギサン”の遠距離恋愛や結婚生活を綴り、32万人以上のファンを持つ2人のFacebookページを書籍化した「ママは日本へ嫁に言っちゃダメと言うけれど。」(新潮社)を原作に製作。モギサンに中野、リンちゃんにマンシューが扮した。谷内田彰久監督がメガホンをとった。

 中野は、「恋っていいな、旅っていいなって興味がわくキッカケになるんじゃないかな!」と仕上がりに自信をのぞかせ、マンシューは「ようやく、日本の皆さんにこのキュートな実話を基にした映画を見ていただけることに興奮しています!」と歓喜のコメントを寄せている。

 東日本大震災後に、リンちゃんがFacebookに日本に向けた応援メッセージを投稿したことで知り合った2人は、モギサンが休暇で台湾を訪れた際に初対面する。モギが帰国してからは他愛もない会話がオンラインデートになり、リンちゃんの母親の反対に合いながらも絆を深めていく。

 このほど公開された予告編では、モギサンが台湾でリンちゃんにひと目ぼれする瞬間や、娘を遠くに嫁がせたくないリンちゃんの母親が、交際に反対する姿がコミカルに描かれる。一方で、小さな誤解ですれ違ってしまう2人の様子から、遠距離恋愛のもどかしさが伝わる仕上がりとなっている。

 「ママは日本へ嫁に行っちゃダメと言うけれど。」は、5月27日に東京・新宿シネマカリテほか全国で順次公開。