25歳で結婚って早い? 知っておきたいメリット&デメリット

写真拡大

女性の中には、25歳くらいで結婚したいと考える人もいますが、世の女性たちは25歳で結婚することについて、どう思っているのでしょうか。今回は、22〜35歳の女性の本音を調査し、女性が25歳で結婚するメリットやデメリット、注意点などについて婚活コンサルタントの澤口珠子先生に取材しました。

■一般的な結婚ラッシュの時期

25歳での結婚について考える前に、一般的な結婚ラッシュはどれくらいの年齢から始まるのか、女性のみなさんにアンケート調査をしてみました。

◇女性の結婚ラッシュが始まるのは何歳?

1位 26〜27歳……34.6%
2位 24〜25歳……28.8%
3位 28〜29歳……23.4%
4位 22〜23歳……4.8%
5位 30〜31歳……4.1%

※6位以下省略

「26〜27歳」という回答が1位となっていますが、「24〜25歳」と考える人も約3割いるようです。それぞれの意見を見てみましょう。

<26〜27歳>

・「30歳を迎える前に結婚したいが、20代前半はまだ仕事や遊びを自由に楽しみたい時期だから」(32歳/その他/その他)

・「大体この年齢になると、そろそろ結婚について考え始める人が出てくるから。20代前半で結婚する人もまれにいるが、長続きしないことが多い」(32歳/小売店/販売職・サービス系)

30前の結婚を考えると、ギリギリではなく多少余裕を持って25歳過ぎくらいだと考える人は多そうですね。20代前半は、まだいろんなことをしたいという人もいるようです。

<24〜25歳>

・「それ以上遅れるとお嫁に行き遅れる可能性が出てくるため、焦って結婚に走りやすい。また、社会人に嫌気がさして寿退社を考え出す時期でもあるので」(35歳/医療・福祉/専門職)

・「25歳を過ぎると、結婚式をするにしても見た目が衰えてくるし、子どもを産むにしても体力が落ちてくると思うから。適齢期だと思う」(27歳/その他/その他)

この年齢であれば、一般的な結婚適齢期といったものかもしれません。晩婚化になっているとは言え、理想としてはこのくらいの年齢で結婚したいと考えている人は多そうですね。

<28〜29歳>

・「26、27歳で先に結婚した友だちの影響で、結婚を意識、行動に移す年齢。特に30歳までに結婚、出産したいと考える人が多いと思うので、結婚適齢期だと思う」(31歳/その他/その他)

・「高校時代の友人や大学の友人が結婚し終わる時期で、結婚式にさえ呼ばれなくなってくる頃だから。30歳前で焦りもある」(34歳/小売店/事務系専門職)

周囲の友人たちが結婚して、少し焦り始めるくらいの年齢かもしれません。特に30歳までにと考えると、ギリギリの年齢となりますよね。全体的に見ると、20代後半が最も多くなっているようですが、24歳頃から結婚ラッシュが始まるようです。つまり、25歳で結婚するのは、ちょうど結婚ラッシュが始まる時期だと言えるでしょう。

■25歳で結婚するメリット&デメリット

それでは、25歳で結婚するメリットとデメリットには、どんなものがあるのでしょうか。結婚するときの注意点と一緒に、澤口先生にアドバイスしていただきました。

◇女性が25歳で結婚するメリット

今の時代、女性の平均初婚年齢は29歳ですから、25歳での結婚は早いほうだと言えるでしょう。女性が若いうちに結婚するメリットは4つあると思います。

|金ができる

1つ目は早めに貯金が開始できるということ。一人よりも二人で暮らしたほうが生活費も抑えられますし、マイホームの購入や出産、老後のことなど、若いうちから将来のビジョンに沿って二人で貯蓄を始められるのは最大のメリットだと思います。勤務する会社によっては、配偶者補助や福利厚生などもあるので、これらの補助も受けられます。

⊇仍困硫椎柔が上がる

2つ目は出産できる可能性が高いこと。例え不妊症であったとしても、若ければ若いほど不妊治療の選択肢が多く、出産できる可能性が高くなります。さらにご両親もまだ若いでしょうから、出産したあとも実家や義実家に育児を手伝ってもらいやすくなります。また、早めに育児が終わるので、体力的、経済的にも楽だというメリットも。

社会的信頼が得られる

3つ目は、若いうちに結婚することによって社会的信頼が得られること。これは女性よりも男性が感じることが多いメリットかもしれません。職業や会社にもよりますが、早く結婚することによって社内での信用が高まり、責任のあるプロジェクトを任されたり、出世しやすくなることがあります。

げ搬欧里弔覆りが増える

4つ目は旦那さんのご実家や親戚とのつながりができること。旦那さんの家族や親戚が増えることによって、社会的なセーフティーネットが増えます。若いうちは未熟で不安なことも多く、経済的にもまだまだ不安定なので、セーフティーネットがより多くあると安心ですよね。これは結婚した人すべてにおけるメリットですが、特に若いうちに結婚するとそのメリットをより感じることが多くなると思います。

◇女性が25歳で結婚するデメリット

女性が25歳で結婚するデメリットは大きく3つあると思います。

\長する機会が減る

1つ目は人間として、女性として成長する機会を大きく失うこと。人は人でしか磨かれません。たくさんの男性と出会い、個人的なお付き合いをすることによって女性は磨かれます。特に恋愛はお互いのエゴとエゴ同士のぶつかり合いなので、その経験があなたを魅力的な人、女性にしてくれるのです。

▲ャリアが不安定になる

2つ目はキャリアが不安定になること。もちろん結婚したあと、キャリアに邁進する方もたくさんいますが、旦那さんの転勤などの事情によって退職せざるを得ない可能性も高くなります。また、予期せぬ妊娠や出産で、自分が思うようなキャリアの形成、働き方ができなくなる可能性も。産休や育休を取得できればまだいいほうですが、継続就業を希望しながらも、職場環境から離職せざるを得ない女性は多いです。結婚、出産前にある程度のキャリアを築けていれば、子育て後に職場復職や転職などもしやすいでしょう。

自由な時間やお金が減る

3つ目は、自分のやりたいことに時間やお金をかけられなくなること。結婚をすると、どうしても女性は家事の負担が大きくなります。加えて、仕事もフルタイムでしていたら、どうしても趣味や自分磨きといった、自分のやりたいことは後回しになりがちです。子どもが生まれたら、それこそ自分の時間はないに等しくなります。20代、30代は子育てに邁進して、40代からやっと自分の時間、やりたいことができるようになることもあるでしょう。

◇25歳で結婚するときの注意点

まず、25歳で結婚をするメリット&デメリットをよく理解すること。そのうえで 、自分が将来どう生きていきたいのか、子どもを産むのか産まないのか、産むとしたらいつなのか、仕事はどうするのか、将来のビジョンやキャリア、人生設計をしっかり考えましょう。くれぐれも、結婚ラッシュに焦って流されて結婚することのないようにしてください。

25歳はまだまだ人としては未熟で、人を見る目が養われていない年齢です。結婚が不安な時は、自分が信頼できる、尊敬できる人に男性を会わせてみたり、助言を仰ぐのもおすすめです。いつ結婚するかはその人次第。大切なことは何歳で結婚をしても、自分の人生に自分で責任を取るということです。

■25歳で結婚するときの理想の男性像

女性が25歳という若い年齢で結婚するとき、相手の男性にはどんな人がふさわしいのでしょうか。理想の男性像について、澤口先生に聞いてみました。

◇ビジョンに共感して協力してくれる人

まずは自分の人生設計を考え、それをパートナーと共有しましょう。もちろん同様に、パートナーの希望を聞くことも忘れずにしてください。お互いのビジョンに賛同、協力できるパートナーであれば、あなたの理想のパートナーだと言えるでしょう。年齢は女性が25歳でしたら、年下男性よりも同世代か年上の男性がおすすめです。同世代なら、お互い切磋琢磨して成長できる友達感覚の夫婦でいられますし、年上ならいざというときに頼ることができます。家事やお仕事でいっぱいいっぱいになったあなたを支え、優しくサポートしてくれる包容力のある男性が理想的ですね。

■まとめ

25歳はまだまだ若い年齢ですが、ちょうど結婚ラッシュが始まる時期でもあります。ラッシュに流されて焦って結婚するのではなく、若いうちに結婚するメリットやデメリットをしっかりと理解し、自分の人生設計を考えたうえで結婚を選択するようにしましょう。

(監修:澤口珠子、文:ファナティック)

※画像はイメージです

※マイナビウーマン調べ
調査日時:2016年4月5日〜7日
調査人数:403人(22歳〜35歳女性)