写真提供:マイナビニュース

写真拡大

説明書を読まなくても使い方がわかるのが、iPhoneの魅力であり強みです。しかし、知っているつもりでも正しく理解していないことがあるはず。このコーナーでは、そんな「いまさら聞けないiPhoneのなぜ」をわかりやすく解説します。今回は、『モーメントと情報画面の写真枚数が一致しません!?』という質問に答えます。

***

iPhoneで『設定』→「一般」→「情報」の順に画面を開くと、「写真」という項目が目に入ります。ここに表示されている数値は、基本的には『写真』アプリのモーメント欄に表示される値と同じですが、ある操作を行うと両者の間に差が生じます。

それは、非表示に設定された写真があるためです。『写真』アプリでは、モーメント(写真タブの表示モード、年/期間をタップしていけば現れる)のとき写真を非表示に設定できますが、それはモーメントに限った話で、写真は変わらずストレージ上に存在します。削除した写真とは扱いが異なるのです。

モーメントをいちばん下までスクロールすると、写真の枚数が表示されますが、それはあくまでモーメントに表示される写真の枚数です。非表示に設定した写真はアルバムタブで確認できますから、その数をモーメントの数に加算してみましょう。『設定』→「一般」→「情報」の「写真」項目にある数値と一致するはずです。なお、削除した写真はアルバムタブの「最近削除した項目」で確認できますが、この数字には含まれません。

ところで、写真撮影可能なサードパーティー製アプリも存在しますが、基本的には『設定』→「一般」→「情報」の「写真」項目にはカウントされません。サードパーティー製アプリが撮影した写真は、『カメラ』と『写真』アプリが使用する領域(カメラロール)ではなく、そのアプリ独自の領域に保存されるからです。サードパーティー製カメラアプリを併用している場合は、「写真」項目の数値を上回る数の写真(JPEGファイル/RAWファイル)がiPhone上に存在するはずです。

(海上忍)