テニス、BNPパリバ・オープン、男子シングルス準々決勝。バックハンドを打つ錦織圭(2017年3月17日撮影)。(c)AFP=時事/AFPBB News

写真拡大

【AFP=時事】男子テニスの錦織圭(Kei Nishikori)が22日、右手首の負傷を理由にバルセロナ・オープン(Barcelona Open Banc Sabadell 2017)を欠場すると発表した。

 2014年大会と2015年大会を連覇している錦織は、「バルセロナ・オープンを欠場することになり申し訳ありません。ここ数年は良い思いでのある、好きな大会の一つです。残念なことに、今週の大会に出場できるほど右手首が回復しませんでした。チームとともに米フロリダ(Florida)に戻り、できる限り早くツアーに戻れるようにしていきます」と声明の中で述べた。

 錦織の欠場により、大会第3シードのラファエル・ナダル(Rafael Nadal、スペイン)には大会10度目の優勝の可能性が広がった。21日には世界ランク1位のアンディ・マレー(Andy Murray、英国)が大会出場を表明しており、第1シードとして初戦の2回戦ではバーナード・トミック(Bernard Tomic、オーストラリア)とダスティン・ブラウン(Dustin Brown、ドイツ)の勝者と対戦する。
【翻訳編集】AFPBB News