写真提供:マイナビニュース

写真拡大

●「記号」になる部分を頭のなかで熟成
俳優の綾野剛が主演する日本テレビ系ドラマ『フランケンシュタインの恋』(23日スタート、毎週日曜22:30〜23:25 ※初回は22:00〜)。綾野は今作で、120年前に生み出された"怪物"役に挑むが、このキャラクター・衣装デザインを担当するのが、ドラマ『勇者ヨシヒコ』や、auのCM『三太郎』シリーズなど手がけてきた澤田石和寛氏だ。

これまで、世界中でさまざまな「フランケンシュタインの怪物」が作られてきたが、現代のヒロインに恋する怪物という前代未聞の設定を受け、どのような発想でデザインしたのか。澤田石氏に話を聞いた――。

今回の"怪物ビジュアル"は、顔に「フランケンシュタインの怪物」を思わせる傷が入り、ボルトが刺さっていると思われる首。そして、布をつなぎ合わせた特徴的な衣装で構成されている。

まず、「フランケンシュタインの怪物」というキーワードから、1931年に公開された映画『フランケンシュタイン』が頭に思い浮かんだという澤田石氏。そこから、顔の傷、首のボルトといった怪物の「記号」になる部分を、頭のなかで熟成させ、実物に落とし込んでいく作業を行っていったという。

澤田石氏は「シナリオに描かれた怪物は、繊細な心を持ち、誠実で優しく、愛らしい性格でした。怪物は愛情を持っていたんですね。今作の怪物は"愛情を持った怪物"です。ビジュアルの考え方は、原作にあたる映画『フランケンシュタイン』の怪物を『2010年代からの視点』に置き換えて考えることです。フランケンシュタインの記号といえる首のボルトは『皮膚の傷跡が硬化したもの』に、継ぎ接ぎの肉体は『顔の傷』と『衣服のパッチワーク』に置き換えています」と語る。

さらに、120年間、1人で山の中に生き続けてきたという設定から、「その間にどのようなことが起きたのか。愛情を持った怪物は、その衣服を手作業で直したり補強したり、森の中にあるものでどうにか工夫して、衣服の原型をつなぎとめているのではないか、と考えたんです」と説明。

色は森のグリーンと土のブラウンをベースに、それだけの時間がたてば、服に穴も開いてツギハギだらけ。ジャケットのボタンが取れても、森の中に落ちているであろう金属で付け替えている。首がかゆいだろうから、シャツのえりは高いんじゃないか――このように、設定を出発点に皆が想像できることを、具現化していったのだという。

●衣装には綾野剛からのアイデアも
今クールの連ドラでは、小栗旬主演の『CRISIS 公安機動捜査隊特捜班』(カンテレ・フジ系)の衣装デザインも手がけている澤田石氏。「僕の衣装やキャラクターのデザインってだいたいそんなもので、突拍子もない、ということはないんです。スタイルとしては、"ファンタジーの入り口"になるものなので」と、自らの作風を語る。

そんな中で、今回の衣装には、綾野のアイデアも入っている部分もあるという。例えば、袖口に付いている動物の毛。森の中で暮らしてきたという状況で、芝居の流れから出てきた「動物の毛を付けたい」というアイデアに、澤田石氏は「最初は(衣装の中に)入らないだろうなぁと思ってたんです」と難色気味だったそうだ。

それでも、綾野の意図を汲み取り、「リスが死んでしまって、置いといて布団をかけたら腐ってしまったが、毛皮は残った。それを大事に洗って袖口に付けてみようか…」と、ストーリーを組み立て、実現に至った。澤田石氏は「一番大事なことは、役者が演じる役を自分に入れていくという中で出てくるアイデアと、デザイナーの解釈の理解が通じていれば、どんなデザインになってもうまくいくはずだと思っているんです」と、仕事を手がける上でのポリシーを語ってくれた。

綾野とは、映画『クローズZEROII』(2009年)からの付き合い。これまで、さまざまな役柄を見てきているが、綾野の魅力について「"独特の気味悪さ"というか、存在の不思議さがあるんじゃないかなと思いますね」と、長く仕事をしてきた関係性ならではの表現で語る。今作で挑む怪物役に"気味悪さ"は武器となりそうだが、「普通にスーツを着てその場にいたら使えるんだろうけど、もともと気味悪く感じさせなければいけないものとなると、違う方向性だから難しいと思いますね。それをどう演じていくのか」と楽しみにしている様子だ。

なお、今作の怪物は「心が爆発するとさらなる変体をし、その姿で人に触れると命を奪ってしまう」という設定。つまり、ここからもう一段階変身することになっており、河野英裕プロデューサーは「オンエアを楽しみにしていてください!」と呼びかけている。

(中島優)