日本で最も使われている言語はもちろん「日本語」であり、アメリカなら「英語」、フランスなら「フランス語」というように、その国ごとに最も用いられている言語が何であるかはおよそイメージできるものですが、「日本で2番目に使われている言語は?」「スペインで2番目に使われている言語は?」と尋ねられると意外なほど答えに困ってしまいます。インフォグラフィック「Second Languages Around the World」はそんな言語の知られざる実態を教えてくれます。

Interesting Map of Second Languages - MoveHub

http://www.movehub.com/blog/global-second-languages

「世界の国の第2言語」を示したインフォグラフィックがコレ。言語ごとに色分けされており、日本の部分は他とは異なる黄色が塗られていることがわかります。



ヨーロッパをアップにするとこんな感じで、イギリスの第2言語はポーランド語、フランスは英語、スペインはカタロニア語、といった状況が一目瞭然。ロシアの第2言語はタタール語。



北米だと、カナダはフランス語、アメリカはスペイン語となっています。メキシコの「Nahuatl」は、推定150万人のナワ族が用いているナワトル語。



南米のブラジルはスペイン語、チリは英語、アルゼンチンはイタリア語となっており、エクアドル、ペルー、ボリビアにかけてはケチュア語が分布しています。



中央アメリカは、フランス語の影響を受けたクレオール言語やパトワ(田舎言葉)、英語をもとにしたパトワが用いられており、欧米列強の影響を受けた痕跡が感じられます。



アフリカは、インド=ヨーロッパ語族とアフロ=アラビア語族、そしてコエ語族とサンダウェ語などからなる「コエ・サンダウェ語族」に分かれている様相。



中央ヨーロッパ以東のユーラシア大陸とオセアニア地域では、西はインド=ヨーロッパ語族が大部分を占めています。中国の第2言語は広東語で、黄色に塗られた日本は朝鮮語族。東南アジアは英語が中心で、オーストラリアは中国語の公用語として定められているマンダリン(普通話)となっています。



それぞれの言語が占める割合は、英語が最大の55%、フランス語が14%、ロシア語が13%となっており、以下スペイン語、クレオール語、アラビア語、クルド語などが続いています。