オンキヨーがAVアンプ「TX-NR676E」 新世代サラウンドやハイレゾ音源も再生

写真拡大

 オンキヨー&パイオニアマーケティングジャパンは、オンキヨー・ブランドから7chAVアンプTX-NR676Eを4月下旬に発売する。次世代サウランド、オブジェクトオーディオなどと言われる新しいフォーマット、DTS:XやDolby Atmosに対応しているほか、DSD5.6MHzハイレゾ音源再生やChromecast機能など、最新のエンターテインメント機能を備えている。価格は90,000円(税別)。

 リアルなサラウンド再生で重要になる部屋の音響的な条件を最適化する音場補正機能、エネーブルドスピーカー(天井へ配置する代わりに天井の反射を利用する)の微調整も備えている。USBメモリーやネットワークを通じた音源ファイル(MP3やAAC、WAV、FLAC、DSDなど)も聴くことができるが、サラウンドやこれらオーディオ再生に向けて、最新の32bit/384kHz処理のDAコンバーターも採用している。また、FM/AMチューナーも内蔵。さらにWi-FiやBluetooth、ネットワークに対応していて、スマホの音源のワイヤレス再生、radiko.jpやTuneInなどのインターネットラジオ、Chromecastまで楽しめる。

 出力100W×7(8Ω)、HDMI端子(入力7、出力2)、音声入出力はデジタル3系統(光、同軸)・アナログ8系統、サイズ・重量は幅435×高さ173.5×奥行378mm・10kg。