香港の最凶ギャングが服役中に死亡

写真拡大

 1980年代から1990年代にかけて、香港の繁華街でAK47機関銃を乱射しながら、銀行や貴金属店を襲撃し、警官隊との銃撃戦で多数の死傷者を出すなど、「香港史上最も凶悪なギャング」といわれた服役囚、葉継歓が4月19日未明、がんのため、香港の病院で死亡した。香港人ならば、葉のことを知らない人はいないほど有名なギャングだった。享年55。

 葉を主人公にしたギャング一味3人の凶行や半生は映画化され、「樹大風招(大樹は風を招く)」と題して昨年4月、公開されると大きな話題を呼んだ。封切りから5週間で約1000万香港ドル(約13億円)の興行収入を記録する大ヒット作品となり、昨年の第36回香港国際映画金像賞で最高映画賞や主演男優賞など5部門を受賞している。

 葉は1962年、中国広東省で生まれ、貧しさから逃れるため、17歳で香港に密入国。仕事を転々として正業につけず、20代初めで強盗事件を繰り返して警察に追われるようになった。1984年には香港随一の繁華街、セントラル地区の貴金属店を襲撃して逮捕されるが、1989年に仮病を使い、病院へ搬送途中に脱走。一時は中国大陸に逃げて、身を潜めていたがが、1991年には再び香港に戻り、ギャング団のボスとして数々の凶悪事件を引き起こしている。

 とくに有名な事件は1993年の九龍地区の繁華街、モンコックで機関銃を乱射して警官隊と80発以上の激しい銃撃戦を展開したことで、通行人の女性が銃撃を受け巻き添えで死亡してしまった。その後も、AK47や爆発物を使い7軒の貴金属店を続けて襲撃、1980年代から1990年代のほぼ10年間で計2000万香港ドル相当の貴金属や現金を強奪したといわれる。

 このころの香港はギャングによる銀行や貴金属店の襲撃事件が多発しており、1991年の1年間だけで、550件以上も発生している。

 1996年5月、葉は中国本土で銃や火薬を仕入れ、船で香港のケネディタウンに上陸しようとしたところ、警邏中の警官隊に発見され、銃撃戦となった。葉は警官隊に撃たれた傷がもとで、下半身不随になり逮捕された。

 裁判で懲役41年の判決を受けたものの、その後、36年に減刑され、服役していた。2004年には刑務所内で洗礼を受け、クリスチャンになったが、数年前にがんであることが分かり、時々、護送車で病院に行き、治療を受けていた。ずっと車いす生活だったという。

 香港の英字紙「サウスチャイナ・モーニング・ポスト」によると、葉には彼を主人公にした映画が公開されたことを知らされていなかったという。