複数の相手に囲まれて持ち味を発揮できなかった齋藤。試合後には悔しさを滲ませた。写真:茂木あきら(サッカーダイジェスト写真部)

写真拡大

[Jリーグ8節]柏 2-0 横浜/2017年4月21日/日立柏サッカー場
 
 悔しさしか残らない試合だったからだろう。齋藤学は取材ゾーンで憔悴しきった表情で肩を落とし、ため息をついたあとにようやく言葉を発した。
 
「失点してからの試合の進め方が問題だった。この負けは悔しい気持ちがかなり大きい」
 
 この日の横浜は右サイドの切れ込み隊長マルティノスを出場停止で欠き、左サイドの齋藤がいつも以上の生命線に。しかし、それは柏も十二分に織り込み済みだった。
 
 まずは齋藤へのパスコースを徹底的に遮断。それでもボールが渡った際は、まずは右SBの小池龍太が激しく当たり、さらに右サイドハーフの伊東純也、ダブルボランチの手塚康平と大谷秀和などで囲んで潰す――。それを徹底されスペースを消された背番号10は、得意のドリブルを発動する前に幾度となくボールを奪われ、ピッチに倒された。シュートゼロは今季初で、完全に“消された”格好だ。
 
 エリク・モンバエルツ監督も「柏のプレッシャーが強かったので、プレーにスピードが欲しかったが、ウチはそれが足りなかった。マルティノスが出場停止で、学もいつものクオリティーを出せなかった」と振り返っている。
 
 欧州移籍を模索するも結局は残留し、磐田に新天地を求めた中村俊輔の背番号10を自ら志願して継承した今季は、1節、2節、6節で2アシストずつを記録し、3つの勝利に大きく貢献。ただ、齋藤が大きな違いを作れなかった4節、5節、7節、今節の成績は、怪我でベンチ外だった3節を含めて、1勝1分け3敗だ。つまり、現在の横浜は良くも悪くも「齋藤次第のチーム」と言っても過言ではない。
 
 このいわば“エースの宿命”を背負う齋藤は「僕が駄目でも他で何かが起きていれば問題はない」と前置きしながらも、自身の改善点をこう口にした。
 
「個人的にはボールの受け方から一回見直さなければいけないと思った。相手がゾーンを組んでしまうと、仕掛ける場所がなくなるのは大きな課題」
 
 たしかに、相手にどんなに研究され、どんなに激しいマークを受けても、持ち前の電撃ドリブルで敵陣を切り裂くことが求められている以上、この日のように左サイドに張るだけではなく、時には中央や右サイドに回ったり、引いて受けたりという臨機応変さが必要かもしれない。
 
「本当にたくさんのサポーターがきて後押ししてくれたのに、なんだか微妙な、不完全燃焼みたいな試合になってしまった。次を見据えて、課題に取り組みたい」
 
 日立台での悔しさをバネに齋藤は、4月26日のアルビレックス新潟戦(ルヴァンカップ3節)や30日のガンバ大阪戦(J1リーグ9節)で、エースたりうるパフォーマンスを見せられるか。括目したい。
 
取材・文:白鳥大知(サッカーダイジェストWEB)
 
【PHOTO】柏×横浜の美女サポーターたち♡