【J1採点&寸評】鳥栖×神戸|ホーム3連勝の立役者は韓国人FW&CB。神戸は守護神の頑張り報われず

写真拡大 (全2枚)

[J1リーグ8節]鳥栖 1-0 神戸/4月22日/ベアスタ
 
【チーム採点・寸評】
鳥栖 6
序盤は神戸のサイドを使った攻撃に苦戦するも、9分にチョ・ドンゴンがゴール前でしぶとさを発揮して先制。その後は粘り強く耐え凌ぎ、最後は移籍後初出場の小林を投入して5バックで守りきるというプラン通りの戦いでホーム3連勝を達成した。
 
 
【鳥栖|採点・寸評】
GK
33 権田修一 6
12本のシュートを浴びたものの正面を突くシュートが多く、それにも落ち着いて対応。DF陣との役割分担もうまくできていた。
 
DF
8 藤田優人 6
前半は小林成豪に背後を突かれる場面もあったが、周りとの連係で徐々に修正。後半には福田にクロスを送るもゴールならず。
 
5 キム・ミンヒョク 6.5
難しいクロスボールをクリアしたり、シュートに身体を張ったり、CBとしての役目をしっかりと果たして零封に貢献。
 
29 谷口博之 6
前節逆転負けの反省を生かして、身体を張った闘争心溢れるプレーと冷静なカバーリングなど的確なプレーで守備を統率した。

23 吉田 豊 6
前半は背後を取られる場面もあったが、後半は修正。攻撃面では原川へ好クロスを供給するも、アシスト未遂に終わる。
 
MF
4 原川 力 5.5(90分OUT)
スペースを消す動きで守備の役割は果たすも、2本のチャンスでシュートを外し、自ら「下手です」と悔やむ。
 
20 小川佳純 6(60分OUT)
リーグ戦初先発で、序盤は守備に迷いがあったが、ビルドアップ時は流石のボールさばきで貢献した。
 
6 福田晃斗 5.5
積極的に守備をこなし、ゴール前へと走るも、光ったのは61分に豊田へ送ったクロスだけだった。
 
7 鎌田大地 5.5
90分にカウンターからGKと1対1のチャンスを迎えたが、追加点は奪えず。中盤の守備は及第点。
FW
9 チョ・ドンゴン 6.5(81分OUT)
一度はGKに止められるも、いち早くこぼれ球に反応して先制点ゲット。前線から積極的にプレスして守備にも貢献。
 
11 豊田陽平 6
先制点につながるパスなど中継役が目立ったこの試合。61分のバックヘッドはGKの正面に飛んでしまった。
 
交代出場
MF
14 高橋義希 6(65分IN)
ボランチとして無難な守備を見せた。77分のシュートを決めていればよかったが。
 
DF
13 小林祐三 -(85分IN)
鳥栖での移籍後初出場は本職の右SBではなく、5バックの右CB。練習でもやっていない形を無難にこなした。
 
FW
40 小野裕二 -(90分+4分IN)
サイドへのアプローチを強めるために投入。しっかりプレスして役目果たす。
 
監督
マッシモ・フィッカデンティ 6
相手SBが高い位置を取ってくることを想定してしっかり対策。今季初の5バックで虎の子の1点を守りきった。
【チーム採点・寸評】
神戸 5.5
サイド攻撃を中心に多くの時間帯でボールを支配し、12本のシュートを放つもスペースを消す鳥栖を攻めあぐねた。
 
【神戸|採点・寸評】
GK
18 キム スンギュ 6
失点時にも一度は身体に当て、90分の鎌田との1対1ではシュートコースを消すなど彼にできることはやった。
 
DF
6 高橋峻希 6
48分にチョ・ドンゴンが中央を抜け出した場面で、しっかりと身体を寄せて守り、追加点を与えなかった。
 
4 北本久仁衛 5.5(90分+4分OUT)
失点時の対応が残念。結果的にこの失点が決勝点となってしまっただけに、悔やんでも悔やみきれない。
 
3 渡部博文 6
ハイボール処理には強さを発揮して無難に対応していた。その強さをセットプレーの攻撃でも見せたかった。
 
22 橋本 和 5.5(72分OUT)