夏帆がヴァンパイアハンターに? 期待のドラマがAmazonで配信!

写真拡大

 映画『愛のむきだし』『新宿スワン』などの鬼才・園子温監督によるオリジナルドラマシリーズ「東京ヴァンパイアホテル」が、6月16日より日本のAmazonプライム・ビデオで独占配信されることが明らかになった。女優の夏帆を主演に迎え、吸血族と人類の戦いを描いた作品で、夏帆は「園さんのアイディアで変わっていく現場に、食らいついていくのに必死で、毎日、混乱状態。驚きの連続でした。こんな現場は今まで経験したことがありません」と撮影を振り返っている。

 ドラマの舞台は、若い男女ばかりが合コン大会のため集められたホテル・レクイエム。その合コンは吸血族が主催したもので、参加者たちは突如、明日になると世界は滅び、ホテル内にいる人間だけが、愛を育み吸血族のエサとなる人類を繁栄させることで生きられると告げられる。そんな中、吸血族を倒す強大な力を持つ女性Kがホテルに突入。人類の生き残りをかけた戦いが幕を開ける。

 K役の夏帆のほか、満島真之介、2役を務める安達祐実、園監督の夫人である神楽坂恵らがヴァンパイアを怪演。もはや園作品の常連となった女優・冨手麻妙も出演。撮影は、日本の日活撮影所に加え、ヴァンパイアの故郷ルーマニア・トランシルヴァニア地方の古代の地下道や、ドラキュラ伝説にまつわる城、地下の広大な空間サリーナ・トゥルダなどでロケを敢行。園作品としてもかつないスケールの映像が期待できそうだ。

 初のオリジナル脚本で挑んだドラマシリーズについて「以前からオリジナルのヴァンパイア映画を作りたいと考えていましたので、念願が叶って今回アマゾンさんでオリジナルドラマが制作できることとなり、私としては映画を作るのだというマインドで挑みました」と断言。「いままでのどんな長編映画にもテレビドラマにもなかったものが出来上がったと自負していますので、お楽しみいただければと思います」と自信をのぞかせる。

 その熱さは俳優たちにも伝わったようで、「こんな作品を作り上げてしまう園さんの頭の中は一体どうなってるのでしょうか」と夏帆が語れば、満島も「今までのヴァンパイア作品からは想像がつかないような園ワールドを、思う存分感じてほしいです」と太鼓判を押している。(編集部・入倉功一)

「東京ヴァンパイアホテル」は6月16日より日本のAmazonプライム・ビデオで見放題独占配信