NEWオープン話題のカフェ併設3店。恵比寿、横浜、銀座どこでくつろぐ?

写真拡大 (全5枚)

好きな世界にゆっくりとひたれて、しかもくつろげる。そんなカフェ併設店には、ブランドのショップだったり、雑貨屋だったり、本屋さんやCDショップもありますが、どのお店でも、自分の好きな空間でいただくコーヒーは格別です。
そこでさらなるお気に入りを見つけるべく、NEWオープンのカフェ併設店をチェックします。
恵比寿に誕生、花を愛でるカフェ
まずは恵比寿駅から徒歩1分の場所にある、花屋×カフェの『essence café(エッセンスカフェ)』。街のお花屋さんとして、13年間地元の人たちに親しまれている「エッセンス87」に2017年4月17日、新たに併設されました。
女性バリスタたちによるフレンドリーな接客と居心地の良い空間を目指しているとか。日本初となるエスプレッソマシン「strada AV」も導入するなど、カフェメニューに力が入っている点も魅力的。また店内は子ども連れの人が利用しやすい、小上がりスペースもあります。
花に囲まれた、フレンドリーなカフェでほっと一息。優雅な時間を堪能できそう。
横浜で上質なインテリア空間を楽しむカフェ
2017年4月28日(金)に横浜ベイクォーター内にオープンするのは、インテリアショップ「リビングハウス」初のカフェ併設店『tables cook & LIVING HOUSE(タブレスクックアンドリビングハウス)』。
30代カップル・ファミリーを中心に、インテリア感度の高い人も満足できるワクワクする空間。フレンチ出身のシェフが手がける、地元で採れた有機野菜などの素材にこだわったメニューがどれもおいしそう。モダンなインテリアを堪能しつつ、インテリアショップに併設する店舗ならではのこだわりのファニチャーでくつろぐカフェです。
銀座で英国スタイルを楽しむカフェ
4月20日に開業したばかりの「GINZA SIX(ギンザ シックス)」内にオープンするのは、ロンドン発のグローバルファッションブランド「JOSEPH(ジョゼフ)」の旗艦店の併設店『JOE'S CAFÉ(ジョーズカフェ)』。こちらは日本初上陸です。
季節の味わいを楽しめる紅茶 や日本茶に合わせたスコーン、パウンドケーキ、マドレーヌなどの焼き菓子をチョイスできる 「TEA SWEETS SET」をシグネチャーメニューとして展開。さらにブックスペースも設けられているとか。大人のアーバンカジュアルな雰囲気が心地よいカフェです。
それぞれのライフスタイルに合せて選べるカフェ併設店。なかでもこの3つは雰囲気が異なるのにどれも素敵。またお気に入りが増えそうです。

「essence cafe」営業時間:8:00〜22:00(花コーナーは11:00〜20:00)住所:東京都渋谷区東3-25-7 永源ビル1F/B1F
「tables cook & LIVING HOUSE」オープン:2017年4月28日(金)営業時間:11:00〜23:00 (L.O.22:00)]住所:横浜ベイクォーター内 リビングハウス横浜市神奈川区金港町1-10
「JOE'S CAFÉ」営業時間:10:30〜20:30住所:GINZA SIX内 JOSEPH GINZA SIX東京都中央区銀座 6-10-1 GINZA SIX 5階