清水FW金子がJ1通算20,000ゴール目を記録…6発大勝のG大阪が2位浮上/J1第8節

写真拡大

 2017明治安田生命J1リーグ第8節が21日と22日に各地で行われた。

 川崎フロンターレのホームに乗り込んだ清水エスパルスは、14分に金子翔太が先制点を奪う。この得点はJ1通算20,000ゴール目となった。後半に入り、阿部浩之、中村憲剛の得点で川崎がリードしたものの、清水は新加入のチアゴ・アウベスが後半アディショナルタイムに移籍後初得点を挙げ、試合は2−2のドローに終わった。

 ガンバ大阪は井手口陽介のミドルシュートで均衡を破ると、泉澤仁が古巣を相手に移籍後初得点をマーク。さらにこの試合がJ1初先発となった18歳の堂安律が2得点を決めるなど、6−0で大宮アルディージャに大勝した。

 首位に立つ浦和レッズは北海道コンサドーレ札幌と対戦した。ラファエル・シルバが先制点を挙げると、一時は同点とされたが関根貴大、興梠慎三が追加点を奪い3−2で勝利。リーグ戦4連勝を達成し、首位の座を守った。

 ジュビロ磐田は川又堅碁、中村俊輔、川辺駿の得点で、敵地で鹿島アントラーズを相手に完封勝利。リーグ戦2連勝となった。

 今節の試合結果は以下の通り。

■J1第8節
▼21日
川崎フロンターレ 2−2 清水エスパルス
ガンバ大阪 6−0 大宮アルディージャ
▼22日
浦和レッズ 3−2 北海道コンサドーレ札幌
ヴァンフォーレ甲府 1−1 セレッソ大阪
サンフレッチェ広島 3−3 ベガルタ仙台
鹿島アントラーズ 0−3 ジュビロ磐田
柏レイソル 2−0 横浜F・マリノス
アルビレックス新潟 0−3 FC東京
サガン鳥栖 1−0 ヴィッセル神戸

■J1順位表
1位 浦和(勝ち点19/得失点差+15)
2位 G大阪(勝ち点15/得失点差+11)
3位 神戸(勝ち点15/得失点差+3)
4位 鹿島(勝ち点15/得失点差+2)
5位 FC東京(勝ち点13/得失点差+4)
6位 磐田(勝ち点13/得失点差+4)
7位 川崎(勝ち点13/得失点差+2)
8位 C大阪(勝ち点13/得失点差+2)
9位 横浜FM(勝ち点13/得失点差+1)
10位 柏(勝ち点12/得失点差+1)
11位 清水(勝ち点11/得失点差+1)
11位 鳥栖(勝ち点11/得失点差+1)
13位 仙台(勝ち点10/得失点差−11)
14位 甲府(勝ち点9/得失点差−3)
15位 札幌(勝ち点8/得失点差−5)
16位 広島(勝ち点5/得失点差−5)
17位 新潟(勝ち点5/得失点差−8)
18位 大宮(勝ち点1/得失点差−15)

■J1第9節対戦カード(30日)
▼30日
13:00 清水 vs 仙台
14:00 新潟 vs 柏
15:00 大宮 vs 浦和
15:00 FC東京 vs 広島
15:00 磐田 vs 札幌
16:00 鹿島 vs 鳥栖
16:00 神戸 vs 甲府
17:00 横浜FM vs G大阪
19:00 C大阪 vs 川崎