二度見される!大人の色っぽさを引き出す「スキ見せチーク」

写真拡大 (全4枚)

いかにもなパーフェクトメイクで完璧な女性。「きれいだな」とは思っても、ちょっと近寄りにくさを感じませんか?

そんな残念メイクを回避すべく、コスメコンシェルジュで美肌研究家の筆者が、親近感をぐっと上げるスキ見せチークテクニックをご紹介します。ほどよくスキがある女性は、周囲の視線を独り占めできますよ!  

大人のスキ見せチークテクの基本

頬骨より下にチームをのせてしまうと老けた印象になったり、広げすぎてしまうことで顔を大きくみせてしまいますので、必ず頬骨から上に広げすぎないようにしましょう。

また、チークにも様々な種類が存在します。なりたい印象によって使い分けるのもテクニックのひとつ。参考までにどんなタイプのメイクの仕上がりになるかを以下にご紹介します。

パウダータイプ:

パウダーでのせることでふんわりとした柔らかい印象をつくってくれます

クリームタイプ:

練り状タイプなので発色もしっかり感じれる上に、しっとり肌の印象にしてくれます

リキッドタイプ:

クリームタイプよりみずみずしい付け心地で、ツヤ感をしっかり演出してくれます

大人の魅力を引き出す“スキ見せ”ならレッド系

セクシーな大人のスキ見せチークならレッド系のチークを。じゅわっと赤く染まった頬はつけた瞬間から熱を帯びたような色っぽさで、一気に大人の魅力を引き出してくれます。

画像:杉本由美

レッド系のスキ見せチークテクニックのポイントは、頬骨の高いところからこめかみあたりにかけて、斜めに入れること。

画像:杉本由美

熱を帯びたように頬を染めるのがスキ見せテクニックの重要なポイントなので、外側にいくにつれ(画像でいう矢印の方向)、ぼかしていくことを意識しましょう。

色白を活かす“スキ見せ”なら青みピンク

昔から色白は七難隠すと言われるほど、女性の色白は魅力的だとされています。せっかく色白というチャームポイントがあるならば、それを生かしてスキ見せをプラスする、最強の好感度アップにチャレンジしてみては?

そんなときにおススメしたいチークは“青みのピンク”。青みのピンクは透明感をアップさせるカラーなので、まるで透けるようなお肌にほんのりピンクで頬を染める少女のような愛らしさのスキ見せチークが完成します。

画像:杉本由美

こちらは頬骨の高い位置からこめかみよりすこし手前までを斜めにうっすらのせていきましょう。あまり広い範囲にのせてしまうと子供っぽくなってしまうので注意しましょう。

いかがでしたか? 今回は印象がぐんっと上がるスキ見せチークテクニックをご紹介しました。スキ見せといっても、それぞれのなりたい印象によって色味ものせ方も異なります。その日のムードや気分にあわせて、楽しんでみてくださいね。

【画像】

※ 杉本由美

【筆者略歴】

杉本由美

手軽、ナチュラル、透明感ある美肌作りの提案を得意とする美肌研究家。MISS GRAND JAPANの公式講師も務める。アンチエイジングやシーンに合わせた美肌メイクで大人可愛い魅力を最大限引き出し、自身も無理なく続けられる美肌Lifeを送る。