出典:https://www.shutterstock.com

あなたが信じていたエロ行動、もしかすると「AV女優かよ」と、思われているかもしれませんよ。

男性の、様々な性的嗜好を満たしてくれるAVですが、実際の彼女にそれを求めるか?と言えば、そうとは限りません。

むしろ男性は、最初からその状態にある女性ではなく、自分で育て上げたいと思っているものです。

遊びの女性に求めるエロと、彼女に求めるエロは相反すもの。

あなたの勘違いエロ行動、チェックしてみましょう。

 

■淫語の多様はツッコミたくなる

男性は、エッチな言葉を浴びせられるのが好きそうですよね。

確かにそれを求めている部分もあります。ただ、彼女にエッチな言葉を、調教していないのにも関わらず浴びせられたら、それはそれで、複雑な気持ちになってしまうのです。

エッチな言葉を浴びせられるのは、まさしく「AV女優かよ!」とツッコミをいれたくなる瞬間。

誰に教えられた訳でもなく、知識として知っていただけかもしれませんが、いきなりぶっ飛んだエロを見せれば、遊びと思われていない限り、喜ばれることは少ないかもしれませんよ。

 

■「性癖のクセが強いんじゃ!」

多くの男性に、少なからず癖(へき)があるのと同様、女性にも、少なからず癖はありますよね。

軽いものですと、「においが好き」「命令されるのが好き」などは、好きな人が多いのではないでしょうか。

ただ、それを好きと思えない人には理解できない嗜好こそが、癖というものです。

性癖のクセが強すぎると、画面を通して見ていたAVという世界を思わせてしまい、引かれてしまうこともあるんですよ。

具体的な内容は、公序良俗に反しそうなので申し上げられませんが、あなたの秘めている癖が、客観的に見た時に一般的でなかった場合、いきなり求めてしまうのはハードです。

徐々にその色を出していき、相手に免疫があるかどうか見極めるようにして下さいね。

 

■企画もの?凝り過ぎのシチュエーション

先述した癖に大部分は入るのですが、企画ものを思わせるようなシチュエーションを求めるエッチは、AVを思わせてしまいますよ。

軽いものですと、野外などの緊張下でのエッチが好きな人などです。

また、企画ではないですが、まさしく、見られている、撮られている、という状況が好きな女性もその類ではないでしょうか。

性的な関係だけでなら、男性も求めるかもしれませんが、彼女にはしたくありませんし、ましてや、結婚などしたくない女性かもしれませんね。

 

同じ癖のある者同士なら理解し合えるかもしれませんが、多くの男性は、画面越しのエロで満足している部分もあるのです。

アフリカのサバンナの映像を見て、「行きたい!」と思っても、実際の臭いや小さな虫などは、画面からは感じ取れませんよね。

実際に行かないとわからないことですが、男性が求めていた、超ド級の変態エロ女性が実際に現れても、心がついていくかどうかは難しいところなのです。

嗜好を変えることはできないと思いますので、彼に「AV女優かよ」と思われない程度に、少しずつさらけ出すようにした方が、男性もショックが少ないのではないでしょうか。

【画像】

※ David Tadevosian/shutterstock

【関連記事】

※ エロメン直伝。男がエッチ中に言われると嬉しいコトバ

※ 「面倒くさっ!」男が恋愛に発展したくないと思う女の特徴

※ 期待していたのに…イケメンのエッチが「そっけない」ワケ

※ ペット画像にドン引き…男がイヤがる女子のウザLINE3つ

※ 「本気で好きだから…」男が本命女子にだけするアプローチ

※ 「あっち行っていて♡」彼氏がキュンとする料理中のかわいい仕草