[4.22 J2第9節 愛媛1-0長崎 ニンスタ]

 愛媛FCがホームでV・ファーレン長崎を1-0で下し、同対戦9度目にして初白星を挙げた。愛媛は2試合ぶりとなる今季3勝目。敗れた長崎は3連敗となった。

 愛媛は前節からの先発変更はなし。フォーメーションも開幕から一貫し、3-4-2-1で臨んだ。一方、2連敗中の長崎はスタメン3人を入れ替え、DF北谷史孝が5試合ぶり、MF幸野志有人とMF島田譲が2試合ぶりに先発復帰。初の2トップ採用となった前節から再び1トップに戻し、従来の3-4-2-1で連敗脱出を目指した。

 過去のリーグ戦通算対戦成績は愛媛の3分5敗。負のジンクスを断ち切れない愛媛はこの試合でも開始から自陣に押し込まれ、長崎の攻撃に耐える時間が続く。

 前半39分には長崎MF幸野志有人が一度裏へ抜け出してからバックパスを出し、フリーで走り込んだDF乾大知がPA内右から右足で強烈なシュートを見舞う。しかし、ゴール右上に外し、前半はスコアレスで折り返した。

 無失点でしのぎ続ける愛媛にチャンスが訪れたのは後半20分。左ウイングバックのMF白井康介が高い位置で乾の横パスをかっさらうと、PA内左へランニングするFW河原和寿にスルーパスを送る。河原はワントラップから左足で折り返し、最後は長い距離を走っていたMF小島秀仁がPA内中央から右足でゴール右に流し込んだ。

 キャプテンの今季初得点で先制した愛媛は、後半25分にPA右外でFKを獲得。キッカーの小島が右足で低めの速いクロスを出し、ニアのDF林堂眞が右足で合わせるも、ゴール右に外れた。

 今季J2最多タイとなる3回にわたり、後半アディショナルタイムに失点を喫している愛媛。“魔の時間帯”に突入し、途中出場のFWファンマをターゲットとした長崎の攻撃にゴールを脅かされる場面もあったが、最後まで守り切って1-0の完封勝利を収めた。


★日程や順位表、得点ランキングをチェック!!

●2017シーズンJリーグ特集ページ

●[J2]第9節1日目 スコア速報