ラベルにちなみ、ファンから「赤星」の愛称で親しまれている「サッポロラガービール」

写真拡大

「飲んで応援!赤星キャンペーン」で181万6620円を寄付。

【写真を見る】サッポロビールお中元ギフトの「ヱビスビール缶セット」

サッポロビール株式会社の近畿圏本部は4月19日(水)、元阪神タイガースの赤星憲広氏が設立した基金「Ring of Red 〜赤星憲広の輪を広げる基金〜」に、「飲んで応援!赤星キャンペーン」で2016年の1年間に集まった181万6620円を寄付した。

本キャンペーンは、ラベルにある赤い星にちなみ、ファンから「赤星」の愛称で親しまれている「サッポロラガービール」による活動支援。近畿2府4県(大阪府、京都府、兵庫県、奈良県、和歌山県、滋賀県)において「サッポロラガービール」の売上から大びん1本相当の販売につき1円を同基金に寄付。車いす寄贈などに活用してもらう活動となっている。

「Ring of Red 〜赤星 憲広の輪を広げる基金〜」は、元阪神タイガース選手で、現在は野球解説者・関西大学客員教授として活躍する赤星憲広氏が中心となって活動する慈善団体。2010年に設立され、全国の施設への車いす寄贈や、野球の底辺拡大を目指し、少年野球普及活動を行っている。【ウォーカープラス編集部/コタニ】