2017年F1第3戦バーレーンGPが、バーレーン・インターナショナル・サーキット(全長5.412km、周回数57周)で開催されました。

決勝前日に行われた予選では、バルテリ・ボッタス選手(メルセデス)がキャリア初ポールポジションを獲得しました! 普段からあまり感情が表に出ないボッタス選手ですが、予選後嬉しそうにニンマリと笑う姿にキュンキュンしたのは私だけ!?

2番手のルイス・ハミルトン選手(メルセデス)と3番手のセバスチャン・ベッテル選手(フェラーリ)は予選で負けて悔しいはずなのに、とても嬉しそう。ボッタス選手、愛されキャラだったのですね。

2004年から始まったバーレーンGPは、今年で13回目の開催。2014年からナイトレースになり、砂漠の中に浮かび上がるバーレーン・インターナショナル・サーキットは幻想的な雰囲気です。ライトアップされたコースを走るマシンはいつも以上に輝いてキレイ!

スタート前のフォーメーションラップも終わり、全車がグリットに並びます。初めてポールポジションからスタートするボッタス選手の気持を思うと、いつも以上にドキドキしちゃいました。さぁ、いよいよレースのスタートです!

ボッタス選手、冷静なスタートでトップを守りました!  3番手のベッテル選手は1コーナーで2番手のハミルトン選手をパス。順位を入れ替えます。

順調にレースが進む中、10周目にベッテル選手がピットイン。スーパーソフトタイヤから同じくスーパーソフトタイヤへ履き替えます。どうやらボッタス選手をアンダーカットしようという作戦のようです。

6番手スタートから4番手まで浮上したマックス・フェルスタッペン選手(レッドブル)も11周目、スーパーソフトタイヤに履き替え、コースに戻ります。しかしその直後、ターン4でブレーキトラブルに見舞われコースオフ! リタイアとなってしまいました。マシンを降りたフェルスタッペン選手は壁を蹴り、怒りをあらわにしながらガレージに戻って行きます。

そして今度は、ターン1でランス・ストロール選手(ウィリアムズ)とピットアウトしてきたカルロス・サインツJr.選手(トロロッソ)が激しく接触。「横から当てられた!」と叫ぶストロール選手のマシンがコース上に止まり、サインツJr選手もコース外でストップ。セーフティカーが導入されます。

このタイミングでタイヤ交換をしようと、ピットレーンを各チームのマシンが行き交います。メルセデスの2台はダブルピットストップをしましたが、その間にベッテル選手が前に出て逆転!  1位ベッテル選手、2位ボッタス選手、3位ダニエル・リカルド選手(レッドブル)、4位ハミルトン選手と順位を入れ換えます。

20周目フェルナンド・アロンソ選手(マクラーレン)が前を走るジョリオン・パーマー選手(ルノー)とマーカス・エリクソン選手(ザウバー)をコーナーでオーバーテイク! 11位に浮上します。アロンソ選手の想いが伝わってくる渾身のオーバーテイクには胸が熱くなりました。

しかし、24周目今度はストレートでパーマー選手とダニール・クビアト選手(トロロッソ)に抜かれ13位に順位を落としてしまいます。アロンソ選手は「あいつらは300m後方にいたのに、どうして僕のことをオーバーテイクしているんだ!人生の中でこれほどパワーのないレースをしたことはないよ!」とチームに訴えます。

それでもコーナーで何度もオーバーテイクをしかけ、懸命に走っていたアロンソ選手でしたが55周目スローダウン。無念のリタイアとなってしまったのです……。

チームメイトのストフェル・バンドーン選手はパワーユニットのトラブルで決勝にさえ出る事ができず、散々な結果となってしまったマクラーレン・ホンダ。一日でも早いトラブル解決を期待するしかありません。

さて、話をレースに戻しましょう。22周目、ボッタス選手の後ろを走るハミルトン選手が「このペースだとフェラーリに抜かれちゃうよ」「ボッタスを抜かさせてくれればセブを捕まえることができるんだ」とチームに訴え、27周目チームオーダーによりボッタス選手をパス。6.3秒先にいるベッテル選手を追い掛けます。

そんなハミルトン選手ですが、ピットレーンで必要以上のスローダウンをしたとして5秒加算ペナルティが科せられてしまったのです。

42周目、ハミルトン選手はタイヤ交換のためピットイン。まず何もせずに5秒ストップし、ペナルティを消化します。ソフトタイヤに交換したハミルトン選手はファステストラップを叩き出しながら猛プッシュ! 1周につき約2秒づつ前を走るボッタス選手に近づいていきます。

そして47周目にボッタス選手をパス。「ベッテルはこれからバックマーカーにひっかかる。カモン!ルイス!」とかっこよすぎるチームからの無線に、観ている私も大興奮でした!!

ベッテル選手も負けてはいられません。バックマーカーをかわしながら、ハミルトン選手と約6秒の差をつけてゴール! 今季2勝目通算44勝目の優勝を勝ち取りました!! 2番手ハミルトン選手、3番手にボッタス選手が続きます。

オーストラリアGPに引き続き、両手を交互に上下させる謎のダンスで喜びを表現するベッテル選手。表彰式前の控室ではチームスタッフに目を輝かせながらレースについて語っており、その姿はまるで少年のようで微笑ましかったです。

表彰式も終わり、恒例のシャンパンファイトが始まりました。ベッテル選手とハミルトン選手がお互いにかけあう中、ただ一人その場を動かずゴクゴクと飲むボッタス選手。

と、ここで悔しそうだったボッタス選手の表情がコロリと変わりました。「あれ?何これ?」と不思議そうに笑っています。実はバーレーンでは飲酒が禁止されているので、ボトルの中身はローズウォーターなのです。シャンパンだと思って飲んだボッタス選手、そりゃあ驚きますよね。というか、知らなかったの!? 最後の最後に笑わせてもらいました!

バーレーンGPリザルトは以下の通りです(ポイント圏内のみ)。

順位/No./ドライバー/チーム
1/#5/セバスチャン・ベッテル/フェラーリ
2/#44/ルイス・ハミルトン/メルセデス
3/#77/バルテリ・ボッタス/メルセデス
4/#7/キミ・ライコネン/フェラーリ
5/#3/ダニエル・リカルド/レッドブル
6/#19/フェリペ・マッサ/ウィリアムズ
7/#11/セルジオ・ペレス/フォースインディア
8/#8/ロマン・グロージャン/ハース
9/#27/ニコ・ヒュルケンベルク/ルノー
10/#31/エステバン・オコン/フォースインディア

(yuri)

ベッテル逆転優勝!ポールシッターのボッタスが不思議そうに笑った理由とは?【2017F1第3戦バーレーンGP】(http://clicccar.com/2017/04/22/464286/)