FC東京、連敗ストップで4戦ぶり白星! 太田宏介の鮮やかFK弾などで新潟下す

写真拡大

 2017明治安田生命J1リーグ第8節が22日に行われ、アルビレックス新潟とFC東京が対戦した。

 試合は序盤から新潟が主導権を握ったが、先制したのはFC東京だった。28分、ペナルティエリア手前左でFKを得ると、キッカーの太田宏介が左足で直接狙う。これがゴール左上に決まった。

 後半も攻勢に出たのは新潟だったが、69分にFC東京が追加点を奪う。左サイドを駆け上がった太田が左足でグラウンダーのクロスを供給。中央に走り込んだ橋本拳人が右足ダイレクトでゴール左上に突き刺した。

 終盤に差し掛かった82分には、大久保嘉人が自ら倒されて得たPKを成功させ、FC東京が決定的な3点目を奪取。試合はこのまま終了し、3−0と快勝したFC東京が連敗を2で止め、4試合ぶりの白星を挙げた。

 次節、FC東京は30日にサンフレッチェ広島と、新潟は同日に柏レイソルと、それぞれホームで対戦する。

【スコア】
アルビレックス新潟 0−3 FC東京

【得点者】
0−1 28分 太田宏介(FC東京)
0−2 69分 橋本拳人(FC東京)
0−3 82分 大久保嘉人(PK)(FC東京)