過酷な“車にキスして新車もらおう”競争

写真拡大

「車にキスして新車をもらおう」というコンテストが行われ、話題を呼んでいる。

米テキサス州オースティンで起亜自動車が主催したのは、どれだけ長く車にキスを続けられるか、というイベント。1時間に10分ごとの休憩が取れるものの、50時間を超えても7人が残っていたという過酷な争いとなった。

寝転びながらキスしたり、クッションを持ち込んだりと、長期戦に備える人たちも多かったというが、用事ができてしまったり、寝てしまったりといった理由で次々に脱落。最終的にはディリニさんという女性が優勝し、見事に新車をゲットした。残りの挑戦者もジャスティン・ティンバーレイクのコンサートのチケットなど、様々な商品を手にすることができたという。

ネットでは「妻に5分もキスできないよ」「一見ありがたいイベントだが、地獄のような辛さだろう」「50時間以上耐え抜いた時はくじ引きだったらしい。複数台用意してくれればいいのに」「50時間あれば状態の良い中古車を買う金を稼げそう」「もらってすぐに壊れなければいいが…」といったコメントが寄せられている。