前川大河のJ初得点が決勝弾…徳島が敵地で町田を下し4試合ぶりの白星

写真拡大

 2017明治安田生命J2リーグ第9節が22日に行われ、FC町田ゼルビアと徳島ヴォルティスが対戦した。

 10分、徳島はカウンターを発動。カルリーニョスが広瀬陸斗へ展開すると、最後は広瀬からのパスを受けた前川大河が落ち着いてゴールを決め、アウェイの徳島が先制に成功する。

 町田は後半に入り吉田眞紀人や重松健太郎を投入し同点弾を狙ったが、最後までネットを揺らすことはできずにホイッスル。

 徳島は4試合ぶりの白星。町田の連勝は2でストップした。

 次節、町田は水戸ホーリーホックと、徳島はジェフユナイテッド千葉と、それぞれアウェイで対戦する。

【スコア】
FC町田ゼルビア 0−1 徳島ヴォルティス

【得点者】
0−1 10分 前川大河(徳島)