元SMAPの木村拓哉が21日放送のNHK『あさイチ』に出演。俳優の中井貴一が木村にビデオメッセージを寄せると、その言葉に込められた真意を感じ取り、感涙するファンが続出した。

 木村をゲストに迎えたこの日の放送。これまでの自身の歩みを振り返りながら、MCのV6井ノ原快彦や同局の有働由美子アナウンサーとトークを展開した木村は、SMAPが解散してソロとなった心境を率直に語った。

 そうしたなか、「トップを走り続けて来た理由」との切り口で木村に尋ねる際、番組では、木村と共演経験のある俳優・中井貴一のVTRメッセージを用意。画面に中井が映し出されると木村は驚きの表情を作った。

 VTRの中で中井は「僕たちの世界って、一瞬ポンと名前が出て、売れてっていうことも、とても難しいことだけど、それはある意味、大きな運を持っていればできることだけど」と切り出した。

 そして、「一等賞を走り続けてくっていうのは、運と、そこに彼がしてきた努力みたいなものが、合わさらないと継続は出来ない」と木村から抱く印象を語った。

 その上で、中井は「彼は絶対に努力を見せませんからね。僕たちなんかよりも遥かに仕事が忙しく、色んな仕事をやっていらっしゃるんだけど、絶対、現場に台本は持ち込まない」と共演した際の木村の横顔に触れ、「どんなに長いシーンでも、彼が台本を見ることはなかった」といい、「それは、どんな天才でも“努力”なんだと僕は思いますよね」とし、木村から“努力”の形跡を感じ取っていたことを語った。

 この中井のインタビューを神妙な面持ちで観ていた木村は「ありがとうございます」とお礼のひと声。そして、「嬉しいですし、逆に貴一さんのような方に、そう言っていただけることが、糧になるので、エネルギーになるので。ああいう先輩がいてくれるから、何だろうな…希望になりますよね」と語り、役者としての先輩をリスペクトする心境を伝えた。

 この中井から寄せられたメッセージは、木村を応援するファンにとっても感慨深い言葉だった様子。ツイッターなどSNS上には「泣けます。嬉しいです」「中井貴一さんの言葉が泣けるわ」「中井貴一さんの言葉に涙が出そう」などと感涙するコメントで溢れた。

 その涙の意図は、「人間としてより上を目指す姿勢。ファンは感じていましたが、より皆さんにも伝わりました」と、広く木村の人間性が伝えられたことへの感謝でもあるようだ。

 中井はまた、「木村君が目指しているところというのは、良い俳優であるとか、良い歌手であるとか、そういうとこを目指していないと思う」と自身の印象を語る。

 そして、「良い男であったり、良い人間であったり、今の自分のなりわいの中だけで一等賞を目指すとか、そういうことをしていたら、押しつぶされて行くんだろうけど、彼の場合は、もっと上のものを目指しているような気がするんですよね」と木村から向上心を感じていることを述べた。

 そして、中井はカメラに向かって木村にメッセージを伝える。「木村君もここからが年齢的にも面白い時期だと思います。僕も55(歳)ですけど、ここからが男としての一番大切な時期だなと思っています。どこかでご一緒していただけたらと思っています」とメッセージを伝えていた。