東京V、アラン・ピニェイロの2発などで3戦ぶり白星…群馬は未勝利続く

写真拡大

 2017明治安田生命J2リーグ第9節が22日に行われ、東京ヴェルディとザスパクサツ群馬が対戦した。

 連敗脱出を目指す東京Vは前半アディショナルタイム2分にドウグラス・ヴィエイラがPKを決めて先制に成功する。さらに53分には右からのクロスにアラン・ピニェイロが頭で合わせ、リードを2点に広げた。

 群馬は60分、左からのCKを岡田翔平が押し込んで1点を返すと、ここから攻勢に出る。しかし終了間際の87分、東京Vは相手DFのミスを突いたアラン・ピニェイロが右足で決定的な追加点をマーク。試合はこのまま3−1でタイムアップを迎え、東京Vが3試合ぶりの白星を挙げた。一方、群馬は開幕から9試合未勝利となった。

 次節、東京Vは29日にアウェイでアビスパ福岡と、群馬は同日にホームで名古屋グランパスと対戦する。

【スコア】
東京ヴェルディ 3−1 ザスパクサツ群馬

【得点者】
1−0 45+2分 ドウグラス・ヴィエイラ(PK)(東京V)
2−0 53分 アラン・ピニェイロ(東京V)
2−1 60分 岡田翔平(群馬)
3−1 87分 アラン・ピニェイロ(東京V)