世界ランク4位の石川佳純【写真:Getty Images】

写真拡大

韓国OP準々決勝、4-2の接戦ものにした石川が準決勝へ

 卓球の韓国オープン(仁川)は22日、女子シングルス準々決勝で世界ランク4位の石川佳純(全農)が早田ひな(希望が丘高)を4-2(8-11、11-7、11-7、11-9、7-11、11-8)で接戦となった日本人対決を制し、4強進出を決めた。

 夜に行われる準決勝では、アジア女王の世界ランク11位・平野美宇と再び日本人同士で激突する。