元SMAP・森且行もいた!オートレースは女性も大興奮できる

写真拡大

 売り上げ・入場者数共に、全国一を誇る「川口オートレース場」。

 4万4千人の観客が熱狂し、爆音と歓声に包まれる「オートのメッカ」から、興奮のレポートをお送りいたします!

◆場内は熱気ムンムン、女性客も意外と多い

 なにかとディープな町、西川口。

 駅の東口から、オートレース場への無料のバスが出ており、車内は9割以上が勝負師の顔をしたおじさま方。今回一緒にきてくれたオートレースの常連さんいわく、スポーツ新聞片手に乗り込むのが“ツウ”だそうです。

 この日は、全体で400人ほどいるオートレーサーの中から全国ランキング上位96名を選抜して開催されるプレミアムカップの「G1」と呼ばれるビッグレースが開かれました。

 場内は多くの人で混雑していて、熱気ムンムン。アイドルや芸人さんのショーもあるので、ワイワイガヤガヤ盛り上がっています。そんな中、意外に若い女の子が多いことに驚き! 家族連れの姿もあちこちで見かけました。

⇒【写真】はコチラ https://joshi-spa.jp/?attachment_id=690907

◆1000円でお腹いっぱいになるB級グルメの宝庫

 行ってすぐに車券を買うのもいいですが、まずは腹ごしらえ。川口オートレース場内のお店は、どこも美味しくてとにかく安い! 知る人ぞ知るB級グルメスポットといわれています。

⇒【写真】はコチラ https://joshi-spa.jp/?attachment_id=690909

⇒【写真】はコチラ https://joshi-spa.jp/?attachment_id=690910

 オススメはモツ煮とゲソフライ。まだ寒さの残る3月、あったかいモツ煮に救われました。千円もあれば、お腹いっぱいになれるのが嬉しい。

 売店の前のベンチで黙々とモツ煮をかき込んでいる女の子がいて、その場慣れしてる感がなんだかかっこよかったです。

 これまた売店で売っているきゅうりをポリポリかじりながら、投票カードを鉛筆で塗りつぶしていきます。

「初心者は2連複で買うのがオススメ」(常連)だそう。

 順位は関係なく上位2名を選ぶだけなので簡単です。オッズの低い組み合わせを買い占めて手堅く狙うのもいいですし、「レーサーの顔がタイプ」という理由もアリ! アイドルを応援する気分ですよね(笑)。

⇒【写真】はコチラ https://joshi-spa.jp/?attachment_id=690914

 そして、川口オートレース場の花形といえば、もちろん元SMAPの森且行選手!

 オートレーサーとしてのキャリアはすでに20年のベテラン。上位48名がS級、それ以降の272名がA級、更にそれ以降がB級と分けられる中、森選手はS級の選手として活躍中です。

⇒【写真】はコチラ https://joshi-spa.jp/?attachment_id=690915

 もう一人、川口の人気者“サトマヤ”こと佐藤摩弥選手。44年ぶりに誕生した女性レーサーです。小さくて可愛い、そして速くて強い! と評判です。

◆整備士なしで自分でバイクを調整する選手たち

 エンジンの爆音と共に、いよいよレース開始!

⇒【写真】はコチラ https://joshi-spa.jp/?attachment_id=690916

 色とりどりのバイクが、コースに飛び出します。森選手は、後列の左から2番目。

 直線では約150キロも出るこのバイクは、急な減速による追突事故を避けるためブレーキがついていないのです。まさに命がけ。

 にもかかわらず、整備士がいないので、バイクの調整や整備は選手自身がします。選手たちは、バイクに名前をつけて大切に大切に可愛がっているそうです。

 ちなみに、森選手のバイクの名前は「メジャイ23」。

 ラスト1周になると、会場内は大歓声。 その声は「キャー」ではなく、「ウォー!!」。さらに、「バカヤロー!」という怒号も混ざります。隣のおじさんに負けじと大声で応援して、ストレス発散しましょう!

 この日の森選手は残念ながら上位入賞できませんでしたが、顔や名前に馴染みのある選手がいてくれるだけで応援に熱が入り、かなりエキサイトできます。事前にいろんな選手の情報を仕入れておくと、さらに楽しめますよ。

 この日は2,500円分投票して、1,800円勝ったので、差額はマイナス700円。ショーを見て、美味しいものを食べて、レースを応援して、丸一日楽しんでも出費は全部で2,000円以下でした。安い!

 それどころか、持ち金が倍になる可能性だってあります。ビギナーズラックを信じて、大穴を狙うのもありかもしれません。休みの日は、少し足を伸ばして川口で熱気に包まれてみませんか。

<取材・文/藍川じゅん>

【藍川じゅん】
ハンドルネームは永田王。高収入求人サイトにてコラムを連載中。6.4頭身(身長161cm、頭高25cm)の巨顔体型。女性用リラクゼーションを求めて徘徊しています。