中村俊輔が鹿島戦で左足豪快ミドル弾! 移籍後2点目に右手突き上げガッツポーズ

写真拡大

強烈な一撃でゴールネットを揺らし、一直線にベンチへ向かってチームメートと祝福

 ジュビロ磐田の元日本代表MF中村俊輔が22日の敵地での鹿島アントラーズ戦に先発出場すると前半21分にエリア外からの弾丸ミドルシュートを決めた。

 磐田は前半15分、中村が右サイドでDFを引きつけてから大外のDF櫻内渚へ展開。クロスボールをFW川又堅碁がドンピシャリのヘディングシュートで叩き込んで先制した。

 同20分には守護神GKカミンスキーが鹿島DF西大伍との接触で負傷交代というアクシデントも発生したが、そのわずか1分後に背番号10が魅せた。

 中村の川又を狙ったクロスは一度クリアされるも、こぼれ球に反応したレフティーはダイレクトで左足を一閃。ややアウトサイドにかかった強烈なシュートはゴール右隅のクロスバーを叩いてからゴールネットを豪快に揺らした。中村は磐田加入後2得点目となった。

 中村はゴールが決まると右手を突き上げるガッツポーズを披露。一直線にベンチへ向かい、チームメート共に祝福した。

 磐田は王者・鹿島相手に2点のリードを奪うと、後半34分にもMF川辺駿が3点目を決めて勝負あり。中村は後半42分にMF松本昌也と交代してピッチを後にした。試合はそのまま磐田が3-0で快勝し、今季初の連勝で4勝目。一方の鹿島は今季3敗目(いずれも本拠地)を喫する形となった。

【了】

フットボールゾーンウェブ編集部●文・写真 text & photo by Football ZONE web