元夫のニック・キャノンとマライア・キャリーwith双子の子供達。/写真:SPLASH/アフロ

写真拡大

マライア・キャリーが日系人ダンサーの元恋人ブライアン・タナカと破局した理由は、一言で言えば「彼が貧乏だったからだ」と関係者が明かしている。

【写真を見る】確かに中が良さそうなマライア&ニック。別れても関係は良好/写真:SPLASH/アフロ

1993年から1998年まで結婚していた最初の夫、トミー・モットーラは、かつて米国音楽界の大物エグゼクティブ。

「彼女に初めてのラグジュアリーなライフスタイルを与えた人。再婚相手のニック・キャノンも自分のお金を持っていたし、婚約者のジェームズ・パッカーは大富豪だった」「しばらくはブライアンとも楽しく交際していたけど、彼は貧乏すぎた。マライアにとってお金は非常に大切なこと。もしも男性にお金がなければ、最終的には黙って身を引くしかない」。

と関係者がLife&Style誌に話している。

マライアは、自分への贅沢なプレゼントを買わせるために毎月ブライアンに現金を渡していたとも言われており、「彼はマライアが慣れているような豪華な暮らしを彼女に与えることができなかった」と同関係者は結論づけた。

一方で、マライアとブライアンの破局の原因は、マライアと元夫ニック・キャノンが現在でも親しく付き合っていることにブライアンが嫉妬していたからだとも囁かれているが、ニックはこの噂について「僕はそれについては何も知らないよ。自分の現在の恋愛関係だけで考えることがいっぱいあるからね。昔の相手についてまで考えている暇はない」とコメントしている。【UK在住/MIKAKO】