■ハイトワゴンはスーパーハイトワゴンに苦戦中

「ハイトワゴン」市場を開拓したスズキワゴンRは、長年に渡って軽自動車販売のトップに君臨する小さな巨人でした。しかしここ数年は、スライドドアを備えたタントやN-BOX等の「スーパーハイトワゴン」に人気を奪われてきました。

スズキによると昨年4月〜12月の販売シェアは、「ハイトワゴン」が32.6%に対して「スーパーハイトワゴン」が39.4%と下回っています。

加えてハスラーが口火を切った「クロスオーバー」のシェアが10%程度あり、ハイトワゴンのパイを奪う格好になるなど、ワゴンRにとっては厳しい市場環境となっています。

■新型ワゴンRは、軽自動車市場のど真ん中にいる!

新型ワゴンR開発責任者の竹中CE(チーフエンジニア)は、スズキにとってワゴンRこそ軽自動車市場のど真ん中にいる存在であり、最も使いやすいパッケージのクルマであるとコメント。3つのフロントマスクを採用したのも、好みの多様化に対応して、かつてのような販売トップを目指す狙いがあります。

開発コンセプトは「機能性とデザインの融合・両立」。リアランプやリアクォーターピラーには、懐かしの初代を彷彿とさせるデザインを採用。ただ初代をモチーフにした訳ではなく、機能性を追求した結果とのこと。

このコンセプトを最も象徴しているのが、リアドアに設けられた傘ホルダーでしょう。傘の持ち手部分が3角形のリアドアパネルに隠れるだけでなく、窓ガラスにも干渉しません。リアシートの視界も良好で、まさにデザインと機能性を融合・両立した優れものとなっています。

開発陣は、他にも様々な創意工夫を積み重ねて機能性を改善するだけでなく、軽量化や剛性アップによって走りや乗り心地も向上。販売目標を16000台/月に設定して、年間販売トップを射程に入れているのです。

(星崎 俊浩)

【関連リンク】

第549弾ワゴンRのすべて(より深く知りたい方はこちらがオススメ)
http://3a.as-books.jp/books/info.php?no=NMS20170302

新型ワゴンRが、軽自動車市場のど真ん中にいるとは!?(http://clicccar.com/2017/04/22/464999/)