セントラルパークでデートするハリー・スタイルズ&テイラー・スウィフト

写真拡大

英人気ボーイズグループ、ワン・ダイレクション(以下、1D)のメンバーで、先日ソロデビューシングル「Sign of the Times」の音源をリリースしたハリー・スタイルズ。いよいよ本格的にソロ活動を開始させた彼が、元恋人テイラー・スウィフトとの関係を振り返り、「恋愛って大変だ」と胸中を明かしている。米E!Onlineが報じた。

2012年に短期間だけテイラーと交際していたハリー。米音楽誌Rolling Stone最新号のインタビューで、セントラルパークでパパラッチされたテイラーとのデート写真に触れ、恋愛について次のように語っている。

「あの写真を見ると、‟年齢に関係なく、恋愛って大変だ"って思う。特に18歳という年齢では、どうやって上手く交際を進めるかなんか理解できていないから、あらゆることを試しても簡単にはいかない。付き合い始めの頃は、少しぎこちないよね。本当に好きな人とデートできるんだから、単純なはずなのにさ。間違いなく勉強になった経験だったよ。でも本当のところ、僕は普通のデートをしたかっただけなんだ」と、当時を振り返っている。

過去にハリーは、人気モデルのケンダル・ジェンナーやカーラ・デルヴィーニュとも浮名を流したことがある。最近は恋の噂でメディアを騒がせてはいないようだが、クリストファー・ノーラン監督の最新作『ダンケルク』で映画デビューを飾り、ソロ活動をスタートさせることもあり、しばらくは仕事に専念したいのかもしれない。

ハリーが出演する戦争映画『ダンケルク』は、7月21日(金)より全米公開。日本では9月の公開を予定している。(海外ドラマNAVI)