映画『スター・ウォーズ』シリーズの最新作『スター・ウォーズ エピソード8/最後のジェダイ』(2017年12月15日 全世界同時公開)の予告及びポスターが公開された。これらから考えられる『〜エピソード8』の今後の展開や予想を解説したい。

ポスターの中に隠されている違和感
今まで『スター・ウォーズ』のロゴは、黒い文字の周りを黄色で縁取られていたが、今回のポスターでは黄色に変わり赤色が使用されている。また、シリーズを通し主人公を務めていたルーク・スカイウォーカーの後ろも赤で覆われている。ファンであればご存知であろうが、赤色は「ダークサイド」のフォースを象徴する色だ。フォースとは、超人的な能力のエネルギーであり、「ライトサイド」と「ダークサイド」の二つに分けらる。ルークやオビ=ワン・ケノービ、そしてレイが使用している正義と自由のために生み出された「ライトサイド」に対し、己の欲求や、怒り、悲しみ憎しみなどから生み出された「ダークサイド」は、ベーダー卿やカイロ・レンが使用しており、赤いライトセーバーを持つ。ではなぜ「ライトサイド」のフォースを使うルークが「ダークサイド」を象徴する赤色に包まれているのか。このポスターをみて、ファンは、「ライトサイド」から「ダークサイド」に落ちてしまったアナキン・スカイウォーカーを思い出すだろう。愛する者を守るため、より力を求め「ダークサイド」へ落ちてしまったアナキン。ファンは息子であるルークも同じ過ちを繰り返してしまうのではないかと予想しているのである。

予告のラスト、衝撃のセリフ
今回の予告では、『スター・ウォーズ』シリーズではおなじみの飛行バトルシーン、そしてライトセーバーの戦闘シーンなども大迫力で描かれている。しかし最も注目すべきは、映像最後にルークが語る「ジェダイは滅びる」というセリフである。ジェダイとは「ライトサイド」のフォースを使い、銀河の自由と正義を守る集団。新たなる希望とされたジェダイの騎士であるルークからは想像ができない衝撃のセリフにファンは驚いた。これはポスターから予想されていた、ルークはダークサイドに落ちる、または落ちていくのではという展開を確信づけているように思える。

様々な憶測が飛び交う『〜エピソード8』だが、ファンはルークだけでなくあともう一人、重要人物が「ダークサイド」側に行ってしまうのではないかと考えている。その人物とは『スター・ウォーズ エピソード7/フォースの覚醒』(15)に続き主人公を演じるレイである。ライトセーバーの色が青から赤へ変わったポスター、これはレイもダークサイドへ変化してしまうことをも物語っているのだろうか。今までの主人公たちがダークサイドへ落ちてしまう最悪の展開が示唆される『〜エピソード8』。今後の発表がたのしみだ。

『スターウォーズ 最後のジェダイ』(2017年12月15日公開)のメインビジュアルポスター twitterより