前半は玉田も不発に終わった。写真:小倉直樹(サッカーダイジェスト写真部)

写真拡大

[J2リーグ9節]名古屋×山口/4月22日/パロ瑞穂
 
 J2リーグ9節の名古屋対山口が22日、パロマ瑞穂スタジアムで14時3分にキックオフされた。
 
 勝点17で首位を行く名古屋だったが、21位の山口を迎えたホームゲームは思わぬ苦戦を強いられる。
 
 0-0で迎えた34分、小野瀬康介に先制点を奪われると、直後の36分に小塚和季にボレーを叩き込まれて0-2。
 
 いずれの失点シーンも、中盤で不用意にボールを奪われて速攻を食らったもので、いわば自滅だ。
 
 結局、そのまま前半終了。名古屋は2点のビハインドを背負ったままハーフタイムを迎えている。