『バッド・バディ!私とカレの暗殺デート』(c)2016 Right Productions, LLC

写真拡大

 5月13日に公開される映画『バッド・バディ!私とカレの暗殺デート』より、ナ・ケンドリックの場面写真とコメントが公開された。

参考:アナ・ケンドリックが飛んでいるナイフを素手づかみ! 『バッド・バディ!』予告編

 本作は、『クロニクル』『エージェント・ウルトラ』の脚本家マックス・ランディスが手がけたラブ・アクション。ダメ男とばかり付き合い、失恋を繰り返す女の子マーサが、世界中の殺し屋から狙われる“理想の男”フランシスと出会ったことで、“最強の殺し屋”としての素質に目覚めていく模様を描く。

 このたび公開されたのは、アナ・ケンドリック演じるマーサの場面写真。マーサが、彼氏の浮気相手と並んで座り、彼氏の言い訳を聞く姿や、サム・ロックウェル演じるフランシスとのデートに赤のドレスを着て出かける様子、マフィアの一員から銃を向けられたマーサの暗殺能力が覚醒した様が捉えられている。

 ケンドリックは本作の脚本を読んで、少しワイルドになれる機会だと感じたと言い、「私が一番面白いと感じたのは、脚本家のマックス・ランディスがマーサをちょっと頭のおかしい人として描こうとしている点ね」とコメント。「マックスは、フランシスに会う前のマーサを穏やかな女性として描こうとしていたけど、最初からとんでもなくクレイジーにして大正解だったと思うわ」と話し、ぶっ飛んだマーサ役を気に入っている様子を見せた。(リアルサウンド編集部)