中国外交部の陸慷報道官は21日の定例記者会見で、日本の安倍晋三首相が春の例大祭に合わせて靖国神社に真榊を奉納したことについてコメントした。

写真拡大

中国外交部の陸慷(ルー・カン)報道官は21日の定例記者会見で、日本の安倍晋三首相が春の例大祭に合わせて靖国神社に真榊(まさかき)を奉納したことについてコメントした。

陸報道官は、「靖国神社には侵略戦争に直接的な責任を負う、第2次世界大戦のA級戦犯が祭られている。我々は一貫して、日本の政治要人の誤ったやり方に断固反対してきた。中国は日本側に、日中の4つの政治文書の精神を守り、4つの原則の共通認識を着実に実行し、侵略の歴史を正視し深く反省し、軍国主義と一線を引き、実際の行動でアジアの隣国と国際社会の信頼を得るよう促す」と述べた。(翻訳・編集/北田)